- 子供がかかりやすい夏風邪と、夏のインフルエンザの違いは? | MARCH(マーチ)

子供がかかりやすい夏風邪と、夏のインフルエンザの違いは?

2014/12/15

shutterstock_146654615

日本の夏は高温多湿、冬は低温乾燥が特徴です。四季で気候が全く異なるため、流行る病気にも違いが出ます。

冬に流行する病気と言えば、季節性のインフルエンザやノロウイルス性の胃腸炎などですね。しかし、最近では夏でもインフルエンザに感染する子供が出ています。

夏はインフルエンザが流行する、というイメージが無いだけに、対処が遅れてしまうこともあります。インフルエンザと紛らわしい子供の夏風邪もあるので、見分け方を調べてみましょう。

子供に多い3種類の夏風邪

夏風邪とは、夏に流行する風邪症状をともなう感染性の病気です。夏風邪とはいろいろな病気の総称で、いくつか種類があります。

中でも子供がよくかかるのがプール熱・ヘルパンギーナ・手足口病です。どれも38度前後かそれ以上の高い熱が出ることが特徴です。

子供が感染することの多いプール熱は、アデノウイルスが原因と言われています。

プール熱というのは俗称で、正式には咽頭結膜熱と呼ばれています。高熱が出てのどが痛み、結膜炎の症状が出ます。

ヘルパンギーナと手足口病は、エンテロウイルスが原因で起きる病気です。

ヘルパンギーナは喉にたくさん水ぶくれができて痛む病気です。発熱もあり、のどが痛いため食べ物や飲み物がしみて子供にはつらい病気です。

手足口病は手足に水ぶくれができ、さらに口内炎が出る病気です。やはりのどや口の中が痛いので食欲が低下します。

夏風邪の原因となっているのは、アデノウイルスやエンテロウイルスです。

ウイルスが原因で起きる夏風邪には、一般的な細菌性の風邪とは異なり、抗生物質が効かないという困った特徴があります。特効薬はなく、対症療法でしのぐしかないのです。

対症療法しかなくても病院へ行こう

特効薬がなく、症状を和らげることしかできないので「夏風邪なら病院に行っても仕方がないから、家で様子を見よう」という人も少なくありません。

しかし注意が必要です。ひとつは、悪化すると怖い病気を併発することがある点です。まれに髄膜炎や脳炎といった怖い病気が起きる可能性があります。

さらにプール熱は1週間以上高い熱が続くこともあります。

朝になると熱が下がるので油断して遊ばせると、夕方になってまた40度の熱が出る、という繰り返しになることも少なくありません。

熱が高いと脱水症状も起こりやすくなります。

お風呂に入れない期間が長く続くため、あせもがよりになってとびひを起こすこともあります。病中は免疫力が低下するため、普段よりも注意が必要です。

さらに危険なのが、インフルエンザを見逃してしまうという点です。

冬の病気という印象が強いインフルエンザですが、最近では夏に感染する人もいます。特に新型インフルエンザが要注意と言われているのです。

夏も流行する新型インフルエンザ

新型インフルエンザの場合、夏に流行することもあります。冬に高熱が出ればインフルエンザかな?と誰もが疑いますが、夏場に高熱が出てもあまり思い浮かびませんよね。

夏風邪だから寝ていれば治る、と思っているうちに悪化してしまうこともあります。

新型インフルエンザの主な症状は、高い熱とのどの痛み・咳・鼻水や全身の筋肉・関節痛といったものです。

季節性の例年流行するインフルエンザとだいたい同じような症状ですが、下痢や嘔吐といったお腹の症状が強く出ると言われています。

間違えやすい点に注意

お腹の症状と高熱が併発するのは、アデノウイルスやエンテロウイルスが原因で発症する夏風邪ととても良く似ているポイントです。

インフルエンザの症状のうち、吐き気や下痢などの症状が出ることはそう多くは無いので、お腹の症状が出ていることでインフルエンザに気付かない事もあります。

  • そこで、夏に流行しやすい新型インフルエンザはお腹の症状をともなうことがある、と日頃から知っておくことが大切です。
  • 特にお腹の症状と高熱が併発するエンテロウイルスによる感染症は素人には見極めが難しいため、必ず病院へ行きましょう。

インフルエンザと夏風邪の違い

インフルエンザと夏風邪の違いは、全身症状があるかないかです。

  • インフルエンザの場合、全身の筋肉や関節が痛むという症状が出ます。
  • また鼻水や鼻づまりなど、鼻の風邪症状が重いこともインフルエンザの特徴です。

ただしアデノウイルスなどは鼻水が出ることもあるので素人判断は危険です。

夏風邪と違い、インフルエンザは早い段階で検査をすることで、タミフルやリレンザといった特効薬を処方することができます。

子供にとっては、インフルエンザも3大夏風邪もとてもつらい病気です。感染してから治るまでの症状のつらさにはあまり変化が無いように思えます。

でもインフルエンザは非常に感染力が高く、家族など大人にも広がってしまいます。

諸症状をともなう高熱が出た時は、早めに医療機関で検査を受け、これ以上感染を拡大しないように注意したいですね。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ