- さぁ、どうする?乳歯の虫歯は永久歯にどのような影響を与えるか | MARCH(マーチ)

さぁ、どうする?乳歯の虫歯は永久歯にどのような影響を与えるか

2014/12/15

shutterstock_143800465

子供の虫歯というのは、自分が虫歯になるよりも嫌だと感じる方もいらっしゃることと思います。

乳歯だからいいのだということもなく、永久歯だから余計に落ち込むなどとその時々で気分は変わるかもしれませんが、私は虫歯になると仕上げ磨きの悪さが原因かなとブルーになります。

乳歯でも永久歯でも、虫歯になるのはやはり良いことではありません。

乳歯が虫歯になった場合、なんとなくいずれ抜ける歯だから大丈夫かなと考えがちですが、永久歯に与える影響はないのでしょうか。

乳歯と永久歯の関係

私はずっと前、乳歯が虫歯になってもそうたいしたことはないのだと認識していたのですが、どうもそれが違うことに気が付きました。

どうやら乳歯が抜けたとしても、永久歯に少なからず影響を与える可能性があると言われているのです。まず考えられることとしては、虫歯になった原因です。

甘いものの食べ過ぎや歯磨きをあまりしなかったなどが原因だとしたら。

それは元々の生活の仕方に問題があるということなので、永久歯になったところで虫歯になるリスクは変わりません。

リスクを減らして虫歯にならないように

虫歯になるリスクを減らさない限り、残念ながら永久歯が虫歯になる可能性も非常に高くなります。

ですから乳歯が虫歯になったのですから、より食生活には気を付けなくてはならないでしょう。

歯磨きもどうですか。仕上げの歯ブラシは最低1日に1度は行っていますか?我が家の子供たちは歯と歯の間に隙間があまりないので、1日1度は必ず糸ようじを使っています。

これをするだけで歯石がつきにくくなりますので、乳歯が虫歯になったお子さんにはお勧めです。

永久歯の様子は出てくるまでわからない

永久歯は乳歯の下で徐々に成長していくことになるのですが、残念ながら歯茎の下で成長しているのでどのような状態であるのかは素人が見てもさっぱりわかりません。

もしかしたら歯科医がレントゲンを撮って診たらよくわかるのかもしれませんが、基本はしっかりと見える状態で出てこないと永久歯が虫歯になりやすいのかどうかもわかりません。

生えてきたときに虫歯で生えてくることはないと思いますが、それでも虫歯になりやすい要素は出来るだけ排除しましょう。

虫歯になったら歯磨きを今一度チェック

乳歯が虫歯になって良かったと思っていた方は、気を引き締めないといけないことはおわかりいただけたと思います。

要するに口の中に虫歯が出来やすい環境を作っていたということですので、子供にもそのことをしっかりと伝えるようにしていきましょう。

最近は小さいうちに虫歯になる子供は以前より減ったと言われています。

  • それでも幼児くらいの世代になると甘いものを食べることが増えるからか、虫歯になりやすい年代でもあります。
  • さらに自分で歯磨きをしていたとしても、ちゃんと磨けているのかは疑問です。

虫歯を増やさない努力を

乳歯の寿命はせいぜい10年程度。ですが、永久歯は亡くなるまで出来る限り自前のものでいたほうがいいのは当たり前。

虫歯になっても必要最低限だけの処置をして、抜いたり神経を取るようなことは出来る限り避けるのが今の歯科の流れになっています。

ですから子供が虫歯になりますと、長い人生の中で大きな影響が出ることも考えられます。夫は子供の頃に事故で前歯を失い、数年前にインプラントを試しました。

小さいうちに治療をしても大人になると成長するのでもう一度行うこともありますので、虫歯を増やさない努力をしましょう。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ