- 叱ると怒るは違う…小さい子供にも伝わる叱り方を子育てに取り入れて | MARCH(マーチ)

叱ると怒るは違う…小さい子供にも伝わる叱り方を子育てに取り入れて

2016/06/23

子供と目線を合わせ叱るママ

子供を叱らない育児が良いのではなく、叱るときは叱ったほうが良いのです。

しかし、叱ると怒るを取り違えてしまっているパパママも…

叱るのは相手を思って言い聞かせる、怒るのは腹を立てている親の怒りの感情をあらわし、子供の受け取り方も全く違ってきます。

叱ると怒るの違いをしっかりと知り、叱った後は必ず褒める!を心掛けてください。上手な叱り方のコツをお伝えします。

叱ると怒るは違う事!叱るは子どものため、怒るは親の都合

叱ると怒るは区別がつきにくいですが、先程もお伝えしたように意味が違います。

叱るは相手を思って言い聞かせるので、叱る対象(子供)がその場にいることが前提です。

一方、怒るは、腹を立てて怒りを発散している状態で、怒る対象(子供)がその場にいなくても関係がありません。

「怒る」はママの都合

「怒る」は喜怒哀楽の感情表現の「怒」で比較的簡単に表しやすいです。

簡単に表しやすい分、安易に使えますが使い方を間違えると子供には正しく伝わりません。

食べ飽きてご飯で遊び始めた時、「遊んじゃダメ!」と怒っても子供は分かりません。

ご飯で遊ぶのがいけない!と怒ったつもりでもそう伝わっていないため、子供はご飯が嫌いになってしまう可能性が出てきます。

「叱る」のは子供のため

「叱る」には言い聞かせる意味があり、人間が出来る「理性」を保ちながらいけないことを教えていきます。

ご飯で遊び始めたら、「ご飯は食べ物だから、ご飯で遊ぶことはしてはいけない」と叱ります。

叱るのには早すぎるということはなく、子供が小さいうちからその姿勢を見せることが大切です。

怒ると子供が怒鳴っていると受け取り、怒られたことで恐怖心が強くなる

「怒る」というのはママの怒りを発散させている状態です。ママが怒っている理由までは子供にはなかなか伝わりません。

ママが怒っている理由が分からなければ、子供には「怒鳴っている」ようにしか映りません。

怒られると子供は何が悪かったのかわからないまま怖くなります。何をするのも恐怖心が先に立ち、ママの様子を伺いながら行動するようになってしまいます。

怒るのはお母さんの怒りの姿を発散させている状況なので、お子さんが分かるか、分からないのか、は関係がないのです。

子供にとって怒るは怖い…怒るではなく叱ることで子供は受け止めてくれる

子供にとって「怒る」のは「怖い」と感じます。子供を思って怒ったことが、子供に伝わらないのでは、ママも疲れてしまいます。

「怒る」のではなく「叱る」ことで子供はいけない理由を受け止めてくてます。

どうしても怒ってしまいそうな場合もあると思いますので、そういった時は、下記のようなことを思い、叱るにシフトしていけるように努力してみてください。

  • 自分の頑張りを認めましょう!ママはとっても頑張っています
  • 我が子がこんな子だったら良いのに…と理想にこだわりすぎない!
  • イライラが爆発する前にちょっと別の場所に移動して子供と離れ、気持ちを切り替える
  • 「いち、に、さん」と数えたり、深呼吸して意識を別の所に持っていく
  • 子供の可愛い時・子供の笑顔を思い出してみて

自分の気持ちをぶちまけてすっきりしたいだけの「怒り」を抑え、子供を正すために言い聞かせるための「叱る」ができるようになりましょう。

教えることと自身の感情は1歳切り離して行うのがコツです。

子供を叱らない育児と、のびのび育てる育児は違う!

また、「子供を叱らない育児」と、「のびのびと育てる育児」は違います。

のびのび育てる育児とは、子供の探求心を妨げない育児

のびのびと育てる育児とは、子供の探求心を妨げない育児のことを言います。

大人の都合のいいように「放置する育児」ではありません。

例をあげてみましょう。

子供が壁に落書きをしました。壁に落書きをすることはよくありませんが、絵を描くことは悪いことではありません。

でもそうだからといって、絵を描きたい子供の気持ちを優先して、そのまま見て見ぬふりをして放置するのは良くないですよね。

良くないこと放置(子供を叱らない育児)してしまうのは、のびのびと育てる育児ではありません。

子供の気持ちを優先させるのであれば、壁に大きな紙を貼り好きなだけ絵を描ける環境を作ってあげます。

「好きなだけ絵を書いてもいいよ。ただしこの紙からははみだしちゃだめだよ。」とルールを決めて、子供の好きなように書かせます。

紙からはみ出していないかたまに確認し、親の目の行き届く範囲で書いていいのならば、子供の探求心は妨げられません。

これがのびのびと育てる育児の一例です。

叱らない育児は、子供を怒鳴りつけない育児

先程の一例で「こんなところに落書きしてはダメでしょ!!」といきなり怒鳴られたら、子供はどう思うでしょうか?

子供には、壁に書いたことが悪かったのか、絵を描いたことが悪かったのか、が分かりません。

「絵を描くことがいけなかったんだ」と解釈してしまうかもしれません。

「壁に書いたら壁が汚れてしまうから、壁に書くのはやめてね。」と説明したら子供にも「壁に書いた事が悪かったんだな」と伝わります。

叱らない育児は子供を怒鳴りつけない育児のことなのです。

叱るときは、ママは本気で叱ること

「壁に書くのはやめてね。」と言ってもまだやめない場合、ママは子供の手を取り、絵を描く意識からそらして「書いてはダメ」ときちんと叱りましょう。

ママが本気で叱ってない時は子供の方も見抜き、やめようとしないものです

悪い理由を分かってもらうために叱ることが必要です!

なぜ悪いのか、悪い理由を子供に分かってもらうには、叱ることが必要になってきます。

叱る時は子供と目線を同じにして、子供に分かるように説明する

「叱る」のは子供のことを思って言い聞かせるということです。

叱る時はママは腰を下ろし、必ず子供と目線を同じにしてから叱りましょう。

「かみついたらお友達が痛くて嫌な思いをするからやってはいけない!」と、なぜ悪いのか、悪い理由を説明します。

説明する時はママの気が落ち着いていることが大切です。叱る前に意識して深呼吸をすると、カッとなっている感情を落ち着かせることが出来ます。

子供を叱らないといけない状況3つについて

先程の一例とは違い、ママが断じて本気で叱らないといけない状況は次の3つです。

  • 相手を傷つける
  • 自分を傷つける
  • 命の危険に関わること

悪いことはすぐに正していく必要があります。 「さっきあったこと」を蒸し返すのではなく、何を叱られているのかが明確に分かる「悪いことをしたらその場で正す」を心がけましょう。

悪いことをしてしまった「その場」で「毅然とした態度」でが基本です。

それでは1つずつ詳しく説明していきます。

相手を傷つける

お友達にけがをさせる

お友達にかみついた、お友達の使っているおもちゃを取った、いきなり押し倒して転ばせてしまう。などお友達に危害を加えることはいけません。

お友達が嫌がることを面白がって言う

面白がってお友達の嫌なことを言う。言っている本人はお友達が嫌がっていることに気づかないこともあります。

ママが見ていて、お友達が嫌そうにしているなと感じたらすぐにやめさせましょう。

自分を傷つける

「こんなことぐらいできないなんて、自分はだめなんだ…」と自分を責めるのは、責めることによって自分を納得させたいという心理が働くため、よい解決には結び付きません。

自分を責めるのは癖になってしまいます。

責めているな。と思ったら、「どうすればよいか、一緒に考えてみようか。」と子供の気持ちに寄り添って、他に解決策があることを教えましょう。

そのときママは答えを出す必要はありません。

子供が「ママはいつでも見方でいてくれる」と子供が感じ取れると、自分を責める回数も減ってきます。

命の危険に関わること

例えば、道に飛び出してしまう…道に飛び出すと車や自転車にひかれて事故にあい、命の危険にさらせれてしまいます。

また駐車場など、車から降りてすぐも、走り出す可能性もありますので十分気を付けましょう。

好奇心旺盛で走るのが楽しくてしょうがない時期は、いきなり走り出す事も多々あります。

ママは目を離さないようにし、「急に飛び出すのは危ないからいけない。」と言い聞かせてください。

公園など、思いきり走り回れる環境で思いっきり走らせてあげましょう。

ママの叱り方について!叱ることで子どもが素直に受け止めてくれるコツ

叱るのもママが言い聞かせるだけでは効果は出ない時、子供が素直に受け止めるコツがあります。

次のことを実践してみましょう!

子供の意見をママが最後まで聞くことが大事

子供にも「なぜそのようにしたのか。」という子供なりの理由があります。

大人からすると「そんな理由は言い訳にしかならない。」と思う事でも、子供にとっては正当な理由なのです。

お友達にかみついてしまった場合「お友達が邪魔をしてきていやだったから。」と親が聞いてひどいなと思う事でも最後まで子供の気持ちを吐き出させます。

子供の気持ちをすべて吐き出させてから「お友達はおもちゃを取ろうとしたのではなく、一緒に遊びたかったかもしれないよ。」と、状況を説明します。

続けて、「おもちゃを取られそうで嫌だったからと言って、かみつくのは悪いこと!」と噛みつくのはしてはいけないことを教えます。

最後に「お友達が痛いからやめようね、○○君もかみつかれたら痛いくて嫌な思いをするのだから、絶対かみついてはいけません!」と悪い理由を説明し、言い聞かせましょう。

ママに自分の理由を聞いてもらえた。と安心すると子供はママの叱りを受け止めやすくなります。

【子供に素直に受け止めてもらえる叱り方のおさらい】

  1. 子供の視線の高さに合わせて、目を見て話す
  2. 子供に理由を聞き、気持ちを吐き出させる
  3. その話を聞いて、親は状況を子供にしっかりと説明してあげる
  4. その上で、やってはいけないことであったことを伝える
  5. 更に、なぜそれが悪かったのかを説明し言い聞かせる
  6. 子供は親に理由を聞いてもらえて安心する
  7. 子供が理解したら、表情を緩めて理解したことを褒める

一対一に慣れる場所で、表情や声のトーンは普段と変えて叱って下さい。また、わかりやすい言葉を使って短めに伝えるようにしましょう。

他の子と比べたり、人格自体を否定するようなことは絶対に言わないように注意してください。

またママの勘違いで叱ってしまった時は「勘違いで叱ってごめんね。」と言葉に表して子供に謝り子供に見本を見せることも大切な教育です。

きちんと子供が受け止めた時は思いっきり褒めよう!

ママの叱りをきちんと受け止めた時は思いっきり褒めてください。

ただし、褒めるのはきちんと子供が理解した時だけにします。

また、叱りっぱなしではなく、叱った後は「きちんと話をきけたから、次はやらないように気を付けようね」と必ずフォローをする事を心掛けましょう。

褒めて根気よく教え続けること

一度教えたから理解できるわけではないので、悪いことをしたら叱り、子供が分かったら 褒める。を繰り返しましょう。

一度言われただけではできるようにはなりません。何度も何度も言い聞かされて、子供の身についていくものと覚悟しておくことが大事です。

トレーニングを続けて習慣化していくように、褒めて根気よく教え続けましょう。

「注意!両親で叱るのは子供が追いつめられてしまうのでNG

叱る時は両親で一緒に叱らないように注意しましょう。

子供にとって両親は心の拠り所。どちらからも攻められてしまうと子供は追いつめられてしまいます。

必ず、パパかママのどちらかは事態を静観してください。そして叱っている方の人が感情的(怒り)になってしまっていないかチェックしておきましょう。

もし感情的になりそう…と感じたら、フォローをしてあげましょう。ただし、子供をかばうという立場ではなく、あくまでも中立の立場で見守りましょう。

叱らずに済む環境作りをしてあげるのも大事

ちょっとの工夫で叱らずに済むのに…ということも思い返せばあるのではないでしょうか。

特に幼児期は、まだまだ出来ない事や理解が難しい事の方が多い時期です。それらについていちいち叱っていたら、パパやママは1日中叱り続けなければならないという状況もありえるでしょう。

「出来なくて当たり前」という視点で親が子供を見てあげる事が大事!

無駄に叱らないためには、「子供が出来て当たり前ではなく、出来なくて当たり前」という見方をしてみることをおすすめします。

どこかにでかけた時に、なかなか静かに出来ない場合は、叱って静かにさせるよりも、静かに出来ないのなら周りに迷惑になるからと説明し、連れて行かないようするなどの方が効果的な場合もあります。

幼児期は、静かにして!と言ってもなかなか出来ない、好奇心旺盛に元気でいるのが当たり前という部分もあります。

上記で提示した、”必ず叱るべき時”に効果的に叱れるようにするためにも、無駄に叱るという状況を少しでも減らす事を心がけていきましょう。

無駄に叱ってばかりいると、「パパやママはいつも怒ってばかり…」と子供が感じて怯えてしまったり、本当に叱って伝えたいことがある時に効果的に伝わらなくなってしまいます。

パパやママは、子供が色々と出来るようになると、「話せば分かってくれる」と思い込んでしまいがちですが、まだまだ子供は未熟です。

出来ない事の方が多い!そのことは忘れないように意識していきましょう

そういった視点で子供を見てあげれれば、「仕方ないね」「完璧を求めちゃダメだよね!」と受け取ってあげることができるようになります。

前述した、叱らないといけない3つの状況以外で、子供にイラッとした場合は「出来なくて当たり前かも」とちょっと思ってみてあげて下さい。

叱ることを親がこうして欲しいと思う方向へ誘導していく教え方を身につけて

「叱る」のは、叱る方も叱られる方もストレスが溜まってしまってお互いに良くないですよね。

お互いが穏やかな気持ち過ごせるよう、親は叱る機会を減らすために”子供の気持ちを誘導”していくことをおすすめします。

例えばどんな風に?という例を挙げますね。

遊んだら遊びっぱなしで、なかなか片付けてくれない…という状況があったとします。

遊んだら片付けるという事を教えたい場合は、「まだおもちゃ片付けないの?捨てちゃうよ」「遊んだ後に片付けられないなら、もうおもちゃで遊ばせないよ!」などと叱りがちですよね。

でもここで一呼吸!誘導してみましょう。

「○○ちゃんがおもちゃを綺麗に片付ける所をママ見てみたいな!」「お部屋を綺麗にしてくれるとママとっても助かるなー」「おもちゃがなくならないように、○○ちゃんに助けて欲しいナー」などとさりげなく子供の気持ちを乗せて、誘導してみましょう。

無駄に叱らずやってほしいことへ誘導!これがパパやママのの気持ちをより効果的に子供に伝える方法の1つなのです。

叱った内容を親子で再確認!

子供のことを思い怒るのではなく「叱って言い聞かせていく」と、親も無駄に気力を使わずに済み、子供も理解しやすいです。

感情的に怒りたくなる時も、子育中には多々あると思いますが、そんなときは一呼吸おいてみて!

ママは「怒ってはいけない」「叱るってどうすればいいの?」と迷ったら、理由を説明することを心掛けてみてください。

そして後日、親子で叱った内容を繰り返し確認すると、子供も学びやすいのではないでしょうか。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ