- 赤ちゃんの泣き声は迷惑!飛行機に赤ちゃんを乗せる時の注意事項 | MARCH(マーチ)

赤ちゃんの泣き声は迷惑!飛行機に赤ちゃんを乗せる時の注意事項

2014/12/11

shutterstock_214898722

最近よく耳にするようになった公共の乗り物での赤ちゃんの泣き声の話。

特に問題になっているのが飛行機ですが、どうして飛行機だとこの問題が大きくなってしまうのでしょうか。

飛行機は密閉された空間

飛行機が他の公共の乗り物と一番違う点は、密閉された空間で途中で降りることができないということ。

電車などと違って機内を自由に動くことはできず、途中下車もできません。原則として指定された席から動くことができないというのが問題を引き起こす一因になっています。

泣いている赤ちゃんに罪はありませんが、周囲の人にとっては逃げることができない状況で泣かれるのは勘弁してほしいというのも本当のところ。

席を替えることも動くこともできない機内で、何時間も泣き声に耐えなければならないのはかなりきついのです。

赤ちゃんにとっても飛行機は辛い

飛行機は赤ちゃんにとっても窮屈で辛いものです。動くことはできませんし、授乳時間などもずれてしまいがち。

飛行機に乗ることで普段の生活リズムが崩れてしまうことが多く、だから機嫌も悪くなります。そして、機嫌が悪くなってもパパやママから十分にあやしてもらえない……。

これって、赤ちゃんからしたらかなりストレスですよね。

「いつもと違う場所」に赤ちゃんは緊張して、泣いてしまうもの。それで文句を言われるなんて、ちょっと理不尽な気もしますよね。

また、飛行機に乗ると気圧の関係で耳や頭が痛くなることがあります。赤ちゃんの機嫌が悪いのは、もしかしたらどこか痛いのかも。

大人のように自分で耳抜きなどの措置が取れない赤ちゃんはかなり苦しい思いをしている可能性もあります。

できるだけ飛行機は避けるのが基本

赤ちゃんはできるだけ飛行機での移動は避けるのが基本。他の乗客の迷惑になることもありますが、赤ちゃん自体にかかる負担が大きいのもこの理由です。

飛行機は搭乗に時間がかかりますし、離陸したら自由に身動きが取れません。機内で赤ちゃんの具合が悪くなっても、すぐに適切な処置を行うのは困難です。

だから、飛行機以外に選択肢がある場合には、そちらを使うのが正解。

特に大人の言うことがまだわからず、じっとしていられない3歳までの子供は飛行機はできるだけ乗せない方が無難です。

周囲の人のことも考えて!

赤ちゃんの泣き声は人によって感じ方が違うものです。ぎゃんぎゃん泣くのはもちろん、小さな泣き声でも不快に感じる人いるものです。

飛行機のように不特定多数の人が集まっている空間では、これは忘れてはならないことです。

「赤ちゃんが泣くのは当たり前」「子育て中は周囲も気を遣うべき」「子供やその親には優しくあるべき」なんて思っている人も多いようですが、こんなの大きな間違い。

これは「親なら子供をすぐに泣き止ませて当たり前」「そもそも泣かさないようにすべき」という意見と同じで、相手のことをまったく思いやっていない意見なのです。

「泣くのは当たり前」「周囲が我慢すればいい」なんて傲慢な考えは絶対にやめて!

飛行機に乗る場合は

飛行機以外の交通手段が取れず、仕方なく飛行機に赤ちゃんを乗せる時には予め準備と心構えをしておきましょう。

  • 赤ちゃんをあやすおもちゃや、お菓子などを準備する。
  • 搭乗前におむつや授乳はしっかり済ませておく。

赤ちゃんが泣いたらできるだけ早く対処し、泣き止ませるように。自由に動けない機内では早めにCAに協力をお願いしてみましょう。

CAは周囲に声をかけてくれ、機内でミルクを与えてくれることもあります。狭い飛行機内では親だけで対処することは難しいので頑張りすぎないで。

文句を言われても当然くらいの気持ちで

赤ちゃん連れで飛行機に乗る場合には「非常識」という見方をされてもある程度は仕方ないと思っておいてくださいね。

公共の場は幼稚園や学校と違い、周囲の人が子持ちとは限りません。子供がいない人や嫌いな人も当然いますし、事情を分かってくれるわけでもありません。

そのため、赤ちゃんが泣いた時に文句を言われても、これは仕方ないことと割り切るべきです。文句を言われてむっとしたり、言い返したりすると事態は悪くなるばかりです。

親がすべきことは、きちんと赤ちゃんのケアをし、一刻も早く泣き止ませることのみ。泣き止ませようとする努力が見えれば、文句を言う人はかなり少なくなるはずです。

反対に泣き止まないからと言って諦めてしまったり、泣くのは当然だからと放っておくと、周囲の目はどんどん厳しくなります。

理不尽なことを言われることもありますが、相手の言い分が正しくない場合には、周囲も白い目で見ているはず。「金持ちケンカせず」は子育てにおいても名言なんです。

みんなのコメント
  • 子連れさんは気遣いがないさん

    赤ちゃん子供を免罪符にして全ての迷惑行為を社会が許すべきと感違いしている子連れが増えました。飛行機で泣く騒ぐ行為も悪気はないにしても他人様は大迷惑しています。また泣く騒ぐの他にオムツが完全に取れない年齢の幼児やお漏らししてもおかしくない年齢の幼児、子供には親は必ずオムツを着用させるべきです!先日、日本の⚪︎A⚪︎航空にてフランスから日本に帰国する便でのことですが、機内サービスの食事配布時に幼児がお漏らしをして尿の臭いはするし食事配布が遅れるしでかなり嫌な思いをしました。このような幼児の親は子供に手が離れるようになるまで海外旅行などの遠出は少しの間、控えるなり我慢してもらいたいです。子連れは大人のエリアと赤ちゃん子供同伴エリアの区別をつけて何処にでも場所をわきまえないで赤ちゃん子供を連れて回ることは止めてほしい。赤ちゃん子供同伴エリアで存分に騒ぎ遊ばせて飲食させて下さい。大人の夜のスポーツクラブにも連れてきて親子で騒ぐのも止めて下さい。子連れは社会にあまえすぎですよ!!

  • 無記名さんさん

    海外駐在のものです。2歳児を連れて帰国時は飛行機を乗り継いで日本に帰ってきます。
    外国の飛行機では、子どもが泣くと周囲の乗客が一緒にあやしてくれます。それに対して日本は冷たい視線と罵声を浴びせられます。
    こちらだって好きで飛行機に乗ってるわけではありません。色々な事情があります。それを所構わず泣くからといって、なるべく飛行機に乗らないように、というのは理不尽ではないですか?
    まず、日本で歩いてて思うのは子連れに対する目が冷たすぎます。マタハラといい。私はこの国で第二子を産みたくありません。子どもを社会で見る、という外国とは態度が全然違うからです。
    あと、一つ。日本では飛行機会社で子連れ専用の席スペースをつくってほしいです。
    一体どれだけの日本人ママさんか肩身の狭い、不快な思いをしているのでしょうか?

  • 夏みかんさん

    本当にいやな記事
    飛行機に乗るのが憂鬱になった。

    • (´^ω^`)さん

      たしかに本当に嫌な記事

      これ書いた人子供居ないんだろうな~

  • あゆさん

    まさにそのとおり!という、参考になる記事でした。
    多くの人に読んでもらいたいです。

  • なつさん

    シンガポールで働くOLです。
    今日乗ってきた飛行機でものすごく泣く赤ちゃんと困惑したお母さんを見て、この記事にたどりつきました。
    子供が泣くのは当たり前です。
    大切なのは、周りの目を気にして、泣いてる子供にお母さんがイライラしないことが一番だと思います。イライラは子供にも伝わりますし、した分だけ自分が疲れると思います。
    お名前なしさんのように、今は海外で活躍している日本人がたくさんいますし、子連れで日本に帰省する方も多いと思います。
    一番上のコメントの方やこの記事を書いた方は、ものすごく狭い世界で生きているか、人生経験が浅すぎるかのどちらかでしょう。
    そういう人たちのことは気にせず、子育てに大変な毎日の中での束の間の癒しの旅、思いっきり楽しんでくださいね!

  • 無記名さんさん

    健康な人ばかりではありませんよ。
    子供の泣き声で具合いが悪くなる場合があるのです。
    それぞれいろんな事情を抱えているのだから、それを理解して行動すれば、冷ややかな目で見られることはないでしょう。
    冷ややかな目で見られる=あり方が間違っているからでしょう。

  • おかあさんといっしょさん

    赤ちゃんの泣き声が迷惑、幼稚園から漏れる園児の声が迷惑。さみしい世の中になりましたね。
    家庭のしつけや園、学校教育ではもちろん指導させると思いますが、赤ちゃん、幼児(時に、マナーを守らない大人もいますが)完璧な人間ではありません。これからたくさん学習していく子供たちです。勿論お母さんも子育て学習真っ只中です。人は一人じゃ生きれません。みんな赤ん坊の時があった、お母さんやたくさんの人のおかげの上で大きくなったのですから、今度は、大人の皆さんがこどもたちを見守ってあげるべきではないでしょうか?
    子連れに冷たい国は、いつまでも少子化問題解決出来ないのではないのでは?
    最後は大人が困ります。
    少子化問題の重大さをもっと深く受け止めてもらいたいものです。
    こどもは宝です♥

  • なななさん

    子供は宝はいいが、迷惑をかけてもいいということではない。海外は躾のできていない子供をレストランへは連れてかない。夜に赤ちゃん連れまわさない。日本は親が我慢できなく周りの迷惑考えず居酒屋、レストランなど子連れには不向きの空間に連れて行き放置するのが多い。親が親らしいことをしないのだから冷たくされても仕方ない。飛行機で子連れが近くにいたら本当に残念だ。いきなり叫ぶから、驚いて寝るに寝れない。親は笑ってるだけ。子供だから仕方ないでしょ?と言わんばかりに放置。子連れに冷たいと言われる原因を作ってるのは子連れであることに気付いてほしい。迷惑でしかない。

  • ポテコさん

    駐在や里帰りなど、止む無く飛行機に乗らざるを得ない場合もあるでしょう。しかしただの観光旅行に物心つかない赤ん坊を連れていく事には賛同出来かねます。自分達が遊びに行きたいからという、親の非常識なエゴですよね?耳抜きもできない乳幼児にとっては迷惑でしかない。3歳以前の記憶なんてほぼ残りもしない。そこにあるのはただ、自分本位な親の考え方。だから周囲の乗客にも疎まれるんですよ。
    止む無く移動の手段として搭乗しているご家族は、子供への配慮、周囲への配慮が違います。
    子連れで出掛けるなと言っているのではありません。相応な振る舞いを考えれば、良識ある社会人は乳幼児を伴った海外旅行はしないでしょう。

  • あんさん

    ポテコさんの意見に大賛成です、私も2人子供を育てるシングルですが、子供が幼い頃は公共の場に連れて行く場面を極力避けておりました。小さな世界で生きる人にはわからない等断言できる方ほど、少ない人生経験しかないのではとも思えます。膝の上に乗せればOKもおかしいと思います、離着陸でベルト及び手荷物は必ず所定の場所にというけれど、膝の上に乗せてベルトという段階で安全性は厳守できておりません、幼児に対しても航空会社が正規料金を設けて幼児連れ専用スペースを設ければ航空機を利用する幼児連れ方の子供の苦手な方の個々のストレスも軽減される気もします。

  • PEROさん

    昔、高速バスに乗った所、赤ん坊の泣き声が止まず、イライラした事があった。

    赤ん坊が泣き出してから10分程度が経った頃、一人のお婆さんが、赤ん坊をあやし始め、”バスの中は辛いよねえ”と語りかけ、たったの3分で泣き止ませてしまった。

    これを見て、イライラしていた自分が恥ずかしくなった。イライラを母親のせいにして、何もしなかった自分に腹が立った。

    普通のお婆さんが、”大人”に見えた日であった。

  • ふくふくさん

    子供がいると、旅行も食事に行くにも色々と気を使い、それでも思い通りにはならず迷惑を掛けてしまう…
    それなら行くなって…親のエゴだって…
    親御さんだって、たまには楽しみたいし、美味しい料理だって食べたいと思うんだけどな…
    もちろん、夜中までつれ歩くとかマナーが重視されるレストランなどは選択できるんだから遠慮するべきですが。
    移動手段なんかはどうしようもないですよね⁉それに乗らなきゃ行けないんだから。
    子育てしてる親だって、赤ちゃんだって社会の一員でしょ⁉ヨボヨボのご老人だって、声の大きい人だってみんな社会の一員です。
    どうして、少しずつ譲り合っていけないのかな⁉
    明らかに悪質な過失がある行為なら別として、子供のはしゃぐ声くらいいいじゃない❗(夜中じゃなければね)
    ヨボヨボのご老人に後ろ詰まるからみんなと同じ早さで歩けよ❗って言っているのと同じだと思うんだけどな😅
    もちろん、親御さんも注意したりあやしたりなど適切な配慮も大切だけど。
    なんか、この記事読んでると心が荒んじゃうな…

  • ほっしーにゃさん

    泣くのが当たり前と思ってる親が多いのは事実ですよね。子供の集団にいくと本当にわかります。風邪引いてても平気で他の子供と遊ばせるし。気遣いも思いやりも少ないと感じます。

    でも、飛行機に乗るのも安易な理由じゃない場合もあると思います。

    私は日本の端から端へ嫁にきてるから、子供が生まれてからも飛行機は使わせてもらってます。まわりの席の方々には、当たり前だけど出発前、泣いたとき、出発後、誠意をもってお詫びとお礼を言うようにしてます。
    運がいいのか、泣くことはほとんどないけど。こちらが子供に対して、周りに対して、思いやりの気持ちがあれば、周りもイライラしても、最悪な気持ちにはならないんじゃないかなーと思います。また近々飛行機乗らないといけないので、改めて気付けました。

  • 名無しさん

    泣くのが当たり前と思って何もしないでいると腹立ちます。

    一生懸命対処する姿勢は絶対必要!

  • りこさん

    悪意のある記事だなぁ
    同じ内容を書くにも言い方があるだろうに

  • 幼稚な記事さん

    最悪な記事。どうしても赤ちゃん連れで乗らなきゃいけないことだって多々あるはず。
    いろんな国に行ってるけど、ヨーロッパ、アジア、南米、場所を問わず子どもが騒いでも嫌な顔する人はいなかった。
    そりゃ日本は少子化するのは当然だ。

  • 無記名さんさん

    この記事は全く正論だと思います。「できるだけ飛行機は避けるのが基本」、その通りです。私には子供がいますが、独身時代に赤ちゃんや子供の泣き声に迷惑してきた方なので同じ思いを他人にさせたくないと思い、子供を連れて飛行機には乗りません。「赤ちゃんに冷たい社会」とか「子連れにもっと理解を」と言う人は自分の迷惑を棚に上げて周りに甘えている人ではないでしょうか?自分にとって子供が可愛いのは当たり前です。ですが他人にとって自分の子供が可愛いとは限りません。赤ちゃんや子供が周りに迷惑を掛ける権利があるのと同じくらい、周りの人は静かな環境を求める権利があることを忘れてはいけないと思います。あと、こういう記事があると「筆者には子供がいないんだろうな」と書く人がいますが、失礼ではないでしょうか。子連れの「上から目線」が同じ親として嫌な気分になります。

  • 残念ですさん

    海外在住です。海外では躾の出来ていない子供はレストランに連れて行かない? 大人しく出来ない子供がレストランにいることありますよ。
    「筆者には子供がいないんだろうな」と書いた人たちは、筆者は視野が狭く、想像力が足りないと言いたいのだと思います。
    人は皆、赤ちゃんだった時があり、その時誰かに迷惑をかけたことがあったかもしれないのに、そういうことは忘れてしまうんですね。

  • 無記名さんさん

    はじめてこのサイトを見ましたが、うんこみたいな記事ですねー。

  • 無記名さんさん

    やむを得ない事情で子連れ搭乗する時は周囲への配慮が必要だと思っています。しかしながら、旅行目的は言語道断です。子供が可哀想過ぎます。確かに人は昔子供で他人に迷惑をかけた事はありますが、乳飲み子を病院以外の公共の場へ出さない配慮はありました。どこでも子供が泣くのは当たり前。周囲の大人は察して親子に配慮しよう…と周囲の人々が考えるのは理想ですが、親側が当然の権利として周囲に求め一切配慮しない態度はどうかと思います。(周囲に配慮して下さる親御さまには乱暴な発言となり申し訳ありません)

  • 主旨が守れないなら閉鎖せよさん

    この記事につきまして、

    航空会社各社、数県の空港を運営する地方公共団体、消費者センター、国土交通省に問い合わせをしてみた所、
    機内や、空港利用者である赤ちゃんやお子様の泣き声に対し、赤ちゃんやお子様、その保護者等、お客様に文句をつける方がいた場合は、
    「泣き声に文句をつけた側の方を迷惑行為とみなし」、
    場合によっては、緊急着陸や到着地にて○○に引き渡す等もあるという事でした。

    さて、
    「赤ちゃんの泣き声は迷惑!」

    「赤ちゃんを飛行機に乗せるのは非常識」

    「文句を言われても当然」

    など、この記事は言い切っていらっしゃいますが、

    年間、数十万人の赤ちゃんやお子様を連れた方々が、各空港や飛行機を利用しています。
    それらのうち、2014年から掲載されているこの記事がもとで空港、および航空機を利用するお客様が減っているという相関関係が出た場合、各県の空港、航空会社各社が
    風説の流布、威力業務妨害、損害賠償等をこのサイト運営に持ちかけた場合、

    この記事を書かれた方、サイト運営の方は、

    もちろん責任を取られる事と思います。

あなたの一言もどうぞ