- 兄弟姉妹の上の子は我慢しがち!時々特別扱いで心を満たそう | MARCH(マーチ)

兄弟姉妹の上の子は我慢しがち!時々特別扱いで心を満たそう

2014/12/10

shutterstock_167932223

3人4人と兄弟姉妹が増えていくと、上の子はだんだん親の愛情が減ってきたと感じるようになるようです。親はいつでも100%の愛情を注いでいるのに…。

「お兄ちゃんなんだから譲ってあげて」、「お姉ちゃんでしょ、自分でできるよね」、年齢に合わせて発しているつもりのこんな言葉が上の子に我慢を強いているのかもしれません。

たまには上の子と二人っきりになって愛されている実感を持たせてあげましょう。

なぜ愛情が減ったと感じるのか

第一子である上の子は両親、祖父母から一心に愛情を注がれて育っています。

親にとっては初めての子供。子供のやることなすこと、親のすべきこと、全てが未体験のことばかりで右往左往。

経験豊富なママから見れば、「そんなこと気にしない、気にしない」というようなことも手出し口出ししてしまいます。

ケガをしないように、病気をしないように、失敗しないように・・・一から十まで目をかけ手をかけてしまう傾向があります。

そんな中で弟妹が生まれると、実質的に親の目が半分そっちに行ってしまうので、自分への関心が減った、と感じるのです。

親にしてみればどちらにも100%の愛情を注いでいるわけですが、体は一つ、1日も24時間と限られている中で二人のお世話をするのですから、実質量は減ったと言えるでしょう。

例えるならママの愛情と時間は1リットルのジュースです。今まではその1リットルは全て上の子のものでした。

でも下の子が生まれるとその1リットルのジュースを二人で分けなければなりません。ママは一人なのでジュースは増えませんから。さらにまた生まれると、今度は3人で分けます。

それは上の子からしてみれば、兄弟が増えるほど分け前が減るのではなく自分のものを分けているのです。我慢して自分のものをあげているという感覚でしょう。

量が減る分は濃さで補う

上の子の感覚として愛情の実質量が減っているとしたら、どうやって補いましょう。それは濃度です。

めんつゆのストレートタイプと濃縮タイプのようなもので、少ない量でより濃い時間を過ごせばいいわけです。

例えば、下の子が授乳中なら遠出は難しいですが、

  • 下の子はパパに預けて、ママと上の子と二人で公園に遊びに行って思いっきり遊んであげる
  • 授乳期を過ぎていたら二人だけで丸一日を過ごす

などたまに特別な時間をとってあげるといいでしょう。

日々の生活でいえば、

  • 下の子が昼寝をしている間にうんと甘えさせる
  • おひざで絵本を読む
  • いっしょに子供の好きな遊びをする

など、きちんと向き合ってする遊びに付き合ってあげると満足感が生まれます。

赤ちゃんは泣くのが仕事ですから、上の子と下の子が同時にぐずったら、下の子を少し泣かせたまま上の子に付き合ってあげて。

少したったところで、「赤ちゃんずっと泣いてるからちょっと行ってもいいかな?」と話をふってみましょう。

素直に「うん」と言ってくれたり、自分から「赤ちゃんかわいそうだから行っていいよ」と言ってくれたりします。その時に「ありがとう」は欠かさずに。

小中学生の場合

子供が小学生になっても中学生になっても一緒です。口にはなかなか出さなくなりますが、上の子は常に親の目が下の子に行っていると感じがちです。

第一子のことはいくつになっても親にとって初めてのことばかりなので放っておけないし、気になって仕方がないのですが、子ども自身はそれを感じていません。

またこれくらいの年になると親もつい頼りにしてしまい、何かと用事を頼んだりします。

お使い、留守番、弟妹の世話と自分ばっかり手伝わされている感も加わって、ますます自分だけが我慢していると感じがちです。

日々の手伝い、弟妹のお世話に関してきちんと「ありがとう」を伝えましょう。

小中学生では親と対面して遊ぶということは減ってきますので、特別な時間、弟妹に内緒の時間を持つというのが上の子の心を満たすのに一番だと思います。

  • 我が家の場合は上の子だけが学校の代休で家にいる時に、二人で食事に行ったり、お茶したりして特別な時間を持ちます。
  • ひとりで出かけることも好きな子ですので、帰ってくる時間だけ決めて丸1日自由に出かけさせることもあります。

子供を信じてあれこれ聞かずに自由にさせることもひとつの愛情の示し方だと思います。子供に自由にさせるというのは、実はとても勇気のいることです。

親の目の行き届かない、しかも学校などの決まった場所ではない所で何をしているかわからない状況下におくのですから子供のトラブル回避能力が試されるわけです。

その子の性格にもよるでしょうが、「やりたい、できる」という気持ちを尊重する勇気を親も持ちましょう。その態度が第一子に欠けがちな自己決定力をもたらします。

みんなのコメント
  • Rio・Kano・Umi・Remo・Sumi・Moa・Kei・Kio・yuo・Eno・Kuraの母さん

    私は1日にも話したいとき一人一人に話してます。我慢しててもはっきり言う子なので大丈夫だと思います。逆に自分からやりだすので、、分からないですけど……… ちゃんと話を聞こうとしてます。

あなたの一言もどうぞ