- 幼稚園の個人面談で担任に質問しておきたいチェック項目3点とは | MARCH(マーチ)

幼稚園の個人面談で担任に質問しておきたいチェック項目3点とは

2014/12/01

shutterstock_161767781

幼稚園の個人面談。これは担任の先生を中心としてわざわざ保護者との時間をさいてお話が出来るというもので、だいたい一年に一度くらい行われていると思います。

個人面談は当たり前ですが個別に行われますので、普段他の保護者の方たちに聞かれたくないようなプライベートな内容を相談することが可能です。

あまり自分から話しかけたり質問したりすることが出来ないという、消極的な方にもピッタリだと思います。

ですから個人面談に行く前には、何を質問したら良いのか考えておくことをお勧めします。

幼稚園での言葉遣いなどは最低限確認を

まずひとつ質問したいものとしては、自宅での悩みがあればそれを担任の先生に確認するという点です。

例えば自宅では口が悪かったり兄弟のことを叩いたりする場合、幼稚園で友達に対してやっている可能性が非常に高いです。

うちの場合もそうなのですが、幼稚園などの集団生活で誰かが悪い言葉を使っているとそれをカッコいいと勘違いするのでしょうか。

自分でも使うようになるようです。これがなかなか直らないので苦労します。

幼稚園で同じような行動をしているのか、自宅よりもひどいのかなども詳しく確認しておくといいでしょう。どうやったら解決出来るか、担任と相談するとベストです。

周りの子と比べてあまりに違い過ぎないかチェックする

ふたつめは周りのお子さんたちと比べて、我が子が劣っているものがないのか、です。

  • みんなが箸を使っているのにうちだけ使えない
  • 鉛筆の持ち方が良くない

などは団体生活をしていると特にわかりやすい問題かと思います。

自宅では持てなくても仕方ないのかなと思えても、同級生たちと比べて明らかに劣っているとなればこれは改善することを考えなくてはなりません。

特に小学校へ入学前の年長さんは、周りとの差をしっかりと認識する必要があります。

入学前に差があれば出来るだけ詰めるようにし、なるべくスムーズに小学生になれるようなサポートは必要だと思います。

子供の食事については要チェック

みっつめは子供の食事についての質問です。好き嫌いが多い子の場合、幼稚園ではどうなのかは聞いておきたいところです。さらに問題としては食べるスピードでしょう。

小学生になってからの給食の時間は幼稚園の子供からみると本当に早く終わってしまうもの。途中までしか食べられずに片付け、という子供も実際に何人もいます。

ですから

  • 我が子の食事が明らかに遅い場合にはなぜそうなのか。
  • 無駄話が多いのならば話をあまりしないようにする。
  • 好き嫌いで苦労しているようならば、一口でも食べるようにする。

という具体的な目標を打ち出すほうがいいと思います。

出来る限り事前に質問を考える

個人面談では考えていることがなかなか話せなくて、終わってしまうこともよくあります。当日閃いた内容を質問してしまうことも、当然ですがあるのです。

担任の先生方も出来る限り時間内でたくさんの話をしたいと思うので、質問はしないよりしたほうがいいと思います。

むしろ質問もなく、先生方から言われることに対して答えたり黙ったりしている個人面談では、時間がもったいないでしょう。

幼稚園のママでもお仕事をしている方がたくさんいます。やはり質問は出来る限り事前に考えておくほうがお勧めです。

個人面談以降も相談は随時していく

もしも個人面談以降にでも聞きたいことが出来たら遠慮せず、担任の先生に相談してみるのがいいでしょう。その時々大きな問題が発生することも考えられます。

そして今苦労しているお母さんへ。子供がやんちゃ過ぎて困るとか、いろいろ悩みはあると思いますが、成長に伴って落ち着いてくる子もいることを知って欲しいです。

我が長男にも昔苦労させられてきましたが、年々苦労することも減ってきて今ではそんな面影もなくなりつつあります。

時間が解決してくれる悩みがあることを皆さんにも知っていただきたいなと思います。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ