- 生活にどれぐらい違いがある?子供の理想の年齢差が知りたい! | MARCH(マーチ)

生活にどれぐらい違いがある?子供の理想の年齢差が知りたい!

2014/11/30

shutterstock_147837776

1人目の育児が落ち着いてふと周りをみると2人目の赤ちゃんを抱っこしていたりお腹が大きくなっていたり…うちも、そろそろ2人目をと思う時もありますよね。

さてそうなると気になるのが年齢差。「できれば一番育てるのが楽な年齢差がいいなー」なんてお考えのママさんもいると思います。

さて、年齢差によるメリット・デメリットはどんなことがあるのでしょうか?

人気があるのは2歳差!

育児サイトやネットの掲示板などにある「理想の子供の年齢差」といったアンケートを調べてみると2歳差が一番人気の模様。

  • 歳が近いので一緒に遊ぶ
  • 入学、卒業などがかぶらない
  • お下がりが回せる

ということがメリットとして挙げられていました。入園、入学についても上の子がある程度慣れた後に下の子が入ってきます。

  • 上の子は下の子のお世話をできる
  • 下の子は上の子に頼れる

ということで上下関係が家の中で学べるのもいいところです。

デメリットとしては上の子のイヤイヤ期やトイレトレーニング、3年保育での幼稚園探しと、忙しい時期に出産になるのでママのメンタルがもたないことが挙げられます。

このようにメリット・デメリットもありますが、2歳差を理想とするのはこうしたことを鑑みて、というよりは。

「年子ではくっつきすぎだし3歳差を狙ってできなかったら年齢が空いちゃいそうだから2歳差を狙うのがベスト?」ということが理由のようです。

実際多いのは3歳差!

アンケートなどで人気なのは2歳差ですが実際多いのは3歳差のご家庭。3歳差のメリットは節目の行事を一気に終わらせられる、ということが最も多く挙げられていました。

  • 卒業・入学も写真屋さんで写真を一緒に取れる
  • 受験も重なるのでその年は家じゅうが受験ムードでモチベーションを保ちやすい
  • 経済的には辛いけれど前もって貯金して一気に使えば無駄遣いをせずに済みそう

というように大きな行事が一息に済むので親御さんはいろいろと計画が立てやすそうですね。

経済的な話で言えば、子育てにかける費用は一気に済ませた方が余計な出費を抑えられる、というエコノミストの話もあります。

入学・卒業のようなお金のかかる行事が重なる3歳差は経済的にもエコと言えるでしょう。

逆に大きな行事が重なってしまうことがデメリットという声も。

まとめて大きな出費があるのは貯めておけばいいとはいえ大変ですし、受験が重なるのも「家全体がピリピリして嫌」と捉える向きのご家庭もありました。

3歳差のメリット・デメリットはその家庭に合うか合わないかで大きく変わってくるようです。

ゆっくり育てるなら4歳差!

4歳差だと上の子も落ち着いて、ママも育児がとりあえずひと段落してからなので上の子にも下の子にも目が行き届くのがメリットです。

  • 「4歳も空くと子供同士では遊ばないかな?」という懸念については4歳差でも結構仲良く遊んでいることが多いよう。
  • 特に上の子が面倒見のいいタイプだと何かと手をかけたいのか構うことが多いようですね。
  • 上の子が聞き分けのいい歳になっているので簡単なお手伝いならできるところも。
デメリットは幼稚園・保育園や小学校に比較的長く通うことになるのでPTAをお願いされやすい、「上は小学校、下は園に通っている」という期間が多いので行事がバラバラで出席するのが大変、などが挙げられていました。

一人ずつゆっくり子育てしたい、子供が大きくなるまでは働く予定はない、という余裕をもって子育てしたいご家庭にオススメの年齢差です。

年子のメリット・デメリットは?

年子は年齢差がないのでバタバタして余裕がなさそうなイメージがありますが、それはほぼ正解。

子供の小さいうちは常に世話をしている状態で、一人ずつ余裕をもってかまってあげることが難しいですし、年齢が近いが故のケンカも毎日。

幼稚園・保育園の月謝も重なる期間が長いので経済的にもキツいです。

とはいえ年子はその年齢差のなさが逆にメリットでもあります。

  • 1歳差ですと手のかかる時期は一気に過ぎて楽になるのも早いので、育児の時期を集中して終わらせたい親御さんにはオススメです。
  • 園の送り迎えや小学校の行事をほとんどまとめて済ますことができるので働いているお母さんはスケジュールを立てやすいのではないでしょうか。
  • 同性同士だと興味・関心を持つものも同じになりやすいのでよく遊ぶのもメリットですね。

調べてみるとどの年齢差も「楽チン!」ということはないよう。経済的な観点気持ちの余裕から年齢を離すかどうかを考えて、無理なく育てられるよう計画するといいようです。

とはいえ計画通り必ず赤ちゃんを授かれるというものではありません。

「年齢差はあまり気にしない、それより子供は2人以上絶対に欲しい!」ということならば加齢による不妊のリスクを避ける為にも早めに2人目を計画した方が良さそうですね。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ