- 行楽シーズンの秋に家族でおでかけしてキャンプを楽しもう! | MARCH(マーチ)

行楽シーズンの秋に家族でおでかけしてキャンプを楽しもう!

2014/11/28

shutterstock_220573033

行楽シーズンの到来です!この時期は気候に恵まれ、各地で美味しいものがいただけるので、お出かけにはピッタリです。実は、キャンプにも最適な季節なのを知っていましたか?

キャンプは秋が最適

キャンプと聞くと、夏を思い浮かべる人が多いようです。実際に、夏休みの期間に一番キャンプ場が賑わいます。

夏は確かに天候に恵まれることが多いけれども、気温が高く、日差しも強いので、実はキャンプに最適とは言えません。

虫が多いし、食べ物が腐りやすいのです。また、夏場のピーク時だと人が多いので、自分たちのテントを探すのにも苦労することが。

そういったこともあり、キャンプ初心者であるなら、秋がおすすめ。快適な気温の中、自然を満喫しながら、のんびり過ごせます。

自然を満喫

マクロミの調査によると、「キャンプに行ったきっかけは子供に自然を体験させてあげたいから」と答えた人が全体の7割を占めました。

忙しい毎日から解放されて、子供と一緒に自然を楽しみたいと考える方が多いようです。季節それぞれに自然の見どころはあります。秋であれば、やっぱり紅葉。

一面赤や黄色でそまった景色は本当にキレイ。紅葉で有名なスポットなどに行くと、写真家や画家に出会うことがあります。そういった芸術家を魅了するほどの美しさがあるのです。

そんな素敵な場所で一泊過ごすなんて、とても贅沢だと思いませんか?子供も大人も、自然の美しさを満喫できることでしょう。

子供の好奇心を刺激

キャンプでは、子供たちをワクワクさせるような出来事が沢山。見たことのない道具がならび、それを使って自分たちの生活スペースを築くのです。大人でもワクワクしてしまいますね。

深まる家族の絆

いつもは仕事のため、一緒に過ごす時間の少ないお父さん。遊びを通して、子供に色々なことを教えてあげたくても、時間がとれませんね。

  • でも、キャンプなら一日中学びの場であり、遊びの場です。
  • キャンプをする際には、力が必要なことが多いので、お父さんは大活躍間違いなし。

また、お家では忙しくて、子供たちと一緒に包丁や火を使った料理はなかなか出来ないというお母さんも、キャンプでなら思いっきり体験させてあげることができます。

好奇心の刺激されるものを、お父さん、お母さんと楽しめる。これは子供達にとって、最高に楽しい時間といえるのではないでしょうか。

子供のやる気や想像力を育むキャンプ

キャンプというと、「外で泊まるのだから、何かと大変そう…。」と身構えてしまいます。でも、寝る場所と、食料が確保できていれば1日過ごせちゃいます。

あとは、自分たちが不便に感じるところを修正していけばいいだけ。難しく考える必要はありません。

キャンプは様々な体験ができる上に、正解が一つではないところも魅力。アイデア次第で色んな答えに辿りつけるのです。

子供たちのやる気や想像力を刺激するのに、とてもいい環境といえます。

安全第一!だけど子供を見守る大切さ

堀岡正昭さんは、現役の保育士であり、滝山ネイチャークラブ代表。幼児とその親を対象とした「森のようちえん」を八王子で開催しています。

彼によると、明らかに危険な場合を除くけれども、ちょっとした怪我ですみそうな作業であれば、見守ることも大切だそうです。

親が危険を察知し、子供を守ることは重要です。でも、やり過ぎてしまうと子供が学ぶ機会を奪ってしまうことになると言います。

  • 少し不安に思っても、見守ってあげることで、様々な経験ができます。
  • その経験が、子供の感覚を磨きあげていくのです。

経験を段階的に経ることで、結果的には、子供自身の安全へと繋がります。そういった子供の感覚を磨くような機会を、沢山もうけてあげるといいようです。

レンタルできるキャンプ用品

キャンプの道具を全て揃えるのは大変です。興味はあるものの、費用が掛かるのが心配で、キャンプの挑戦を躊躇っている方も多いのではないでしょうか。

そんな時は、テントや寝袋などのレンタルサービスを利用してみましょう。テント一泊2000円以上から借りることができます。

有名ブランドのテントは、2万円以上するものがほとんど。その1/10の値段でレンタルできてしまうのです。

初めてであれば無理してテントなどを買わずに、まずはレンタルで試してみるのも手です。

初めてだと、沢山あるキャンプ用品の中から、自分達にピッタリの物を選ぶのは意外と大変。道具をレンタルし、使ってみてから買った方が、失敗せずに済みます。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ