- 世界最高峰の頭脳を持つユダヤ人の秘密は幼児教育と本にあった! | MARCH(マーチ)

世界最高峰の頭脳を持つユダヤ人の秘密は幼児教育と本にあった!

2014/11/24

shutterstock_129152300

ユダヤ人と聞くと、過酷な歴史を辿ってきた優秀な民族であり、多くの成功者や偉人を輩出しているイメージがあるのではないでしょうか。

実際に、ユダヤ人は世界人口のわずか0.2%しかいないにも関わらず、多くの功績を残しています。

例えば、人口が少ないにも関わらず、世界の名門校にはユダヤ人が多く通っており、成績上位者はユダヤ人が占めています。社会にでた後は、医師や弁護士、企業の管理職等につき活躍します。

ユダヤ人の活躍は、多すぎて語りきれません。20世紀の三大偉人であるアインシュタイン、フロイト、マルクスは皆ユダヤ人ですし、ノーベル賞受賞者の4人に1人がユダヤ人です。

また、世界の大国アメリカには多くのユダヤ人が住んでいますが、アメリカの人口に対してわずか2%未満。それにも関わらず、アメリカの大富豪上位40%がユダヤ人なのです。

さらに彼らは、世界における億万長者の15%を占めています。

さて、ユダヤ人はどうしてこれほど優秀なのでしょうか。その秘密は、幼い頃からの家庭環境にありました。彼らのような優秀な頭脳を育てる秘訣を3つ紹介します。

1.子供の可能性を心から信じる

「家の子は出来が悪い」と信じ、子供に接すれば本当に出来の悪い子供になってしまいます。

これをゴーレム効果といい、周りが負のイメージを持って子供に接することで、その子自身の可能性を奪ってしまうのです。

例え何か上手くできない事があっても、決してマイナスな気持ちで接せずに、子供の可能性を信じてあげてください。

もちろん、親の願望を押し付けるようなプレッシャーを与えるわけではありません。

子供の挑戦を後押しするような原動力を支えてあげる。モチベーションを高めてあげるだけで、子供の可能性が格段に広がります。

大人でも暗い気持ちで物事に取り組むことはできません。モチベーションを支えてあげることが大切です。

2.本に囲まれた生活をおくる

ユダヤ人は、幼少時期からユダヤ教の聖典や祈祷書を何回も読み聞かせます。これは24時間体制ともいえるくらい、一日中行われます。徹底して子供に教えていくのです。

これは日本の一般家庭でも、聖典や祈祷書の代わりに絵本を使って取り入れることができます。

まだ赤ちゃんの頃から一日10冊を毎日読み、少し大きくなったら音読を行わせたりして、6歳までに手にした本が2万冊になるよう努めます。

「赤ちゃんに絵本なんて読んで分かるのかしら?」と疑問に思われる方は多いかと思います。

しかし、赤ちゃんは予想以上に読書家です。機嫌がわるく泣いていても、絵本を開いた途端ピタリと泣きやむことも。

最初の頃は、絵本を読んでいてもすぐにページをめくってしまったりすることもありますが、特に気にする必要はありません。赤ちゃんのペースに合わせてあげてください。

小さい頃から絵本に触れていると、文字の読み方も自然と身に着きます。成長してきたら、是非音読もさせてあげましょう。

  • ユダヤ人の教育方の核は、小さい頃からこうして本に親しむことです。
  • 彼らの家庭には、他の国それとは比べ物にならないくらいの本が揃えてあります。

また、DVDやテレビなどは好みません。それよりも、本の方が上質な教育だと考えているからです。

3.子供の質問に出来る限りこたえる

「これは何?」「どうしてこうなるの?」など、小さい子供達は絶えず質問をしてきます。でも、お母さんにはやるべき事が沢山。

子供の話をしっかり聞いてあげたいとは思っても、とても毎回答えてなどいられません。

ユダヤ人はこの「子供の質問」をとても大切にしています。子供の好奇心は、科学者にも勝ると言われますが、この「なぜ?何?」が沢山出ているときこそ、教育の勝負時とされています。

それは、彼らが暗記力よりも思考力を養う事を目的としているからかもしれません。そのため、「よい質問は、よい答えに優る」とも言われるほど。

子供の好奇心をどれだけすくい取ってあげるかが、将来に大きく影響すると考えているのです。

でも、子供の質問にこたえたくても、分からないことだってあります。

そんな時は、子供と一緒に調べてみましょう。時間がない時は、「あとで調べてみようね。」と少し待ってもらうといいかと思います。

ごまかした答えが一番良くありません。子供に少し待ってもらうことになっても、そちらの方が断然良いそうです。子供は質問を通して、物事の調べ方や議論の楽しみ方を学んでいきます。

特別な教材はいらない

ユダヤ人の教育方法は、驚くほど身近なものばかり。お家で少し工夫するだけで、取り入れることができます。

それは、ユダヤ人が「家庭こそが最高の学び場」と信じているからかも知れません。

ユダヤ人の教育方法は、子供が将来、好奇心に満ちた明るく楽しい人生を送るために、とても役立つことでしょう。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ