- 幼稚園の個人面談で絶対気をつけたい親の服装の注意点3つとは | MARCH(マーチ)

幼稚園の個人面談で絶対気をつけたい親の服装の注意点3つとは

2014/11/23

shutterstock_132358229

幼稚園の個人面談に初めて出席する場合には、どのような服装で行けば良いのか迷うこともあると思います。

この「どんな服装か」の悩みに答えるのは、まずその幼稚園の雰囲気がどうなのかということがわからないと難しいと思います。

カジュアルな服装でも特に問題のない幼稚園から、格式のある雰囲気漂う幼稚園まであるため、一概に「この服装」とは言えません。

ですが、無難に全てクリア出来るようなスタイルを選べば問題ないと思います。さて、それは具体的にどんなスタイルなのでしょうか。

穴あきジーンズなどは避ける

主婦の皆さんの多くは、それ程スーツを持っていないと思います。お仕事をバリバリしているとか、数年前まで毎日のようにスーツだった方など以外はせいぜい数枚といったところではないでしょうか。

入園のための面接や卒園式などとは個人面談では違います。そこまで堅苦しい服装はしなくてもいいと思いますので、あまり気合いを入れ過ぎなくても構いません。

むしろ気にしなくてはいけない服装について考えてみましょうか。一般的に「穴あき」や破れたジーンズなどはいくらオシャレでも個人面談には不向きです。

素足では伺わない

個人的には夏場の個人面談などであっても、素足で出席はどうかなと思います。素足でどなたかのお宅にお邪魔するのは失礼にあたりますよね。

ですから幼稚園の個人面談でも、素足を避けるようにしましょう。

  • 最近はオシャレで涼しげなソックスもたくさんあります。いくら暑くてもサンダルと生足という見た目は、あまりお勧め出来ません。
  • それから幼稚園側のものをお借り出来るかもしれませんが、一応スリッパくらい持参して伺うようにしておいたほうが無難かと思います。

室内で帽子はNG

時代の流れで帽子もオシャレアイテムとなっていますが、個人面談に行くまでならまだしも、先生とお話している時にまで帽子を被っているというようなことはマナー違反です。

よく皇族の皆さまが帽子を被られている光景を見ているからでしょうか。

自分たちも帽子を被っても失礼に当たらないのではと勘違いをされている方もいるようですが、皇族の方たちはつばのない、室内で被っても構わない帽子をお召しになられているのです。

自分たちの帽子がそのようなタイプと同じなのか、見てから考えて欲しいと思います。

スカート丈は気をつけよう

幼稚園の個人面談では椅子に座って行われると思います。場合によってはお子さんたちの椅子になるかもしれませんが、その時に気をつけたいことがあります。

子供用の椅子は特に低いので、ママがミニスカートなどを履いていますと、下着が見える可能性が非常に高くなります。スカートを禁止しなくてはと言っているのではありません。

スカート丈に気をつけましょうという意味です。ロングのスカートや、ミニスカートはレギンスなどを下にあわせて下着が見えないような配慮をします。

胸元のあいたものは…

それからこれは最低限皆さんもわかっていることだと思うのですが、極端に露出の多い服装は避けましょう。

意識していなくても、胸元が大きく開いている洋服をきている方は結構いるものです。

  • 首周りがすかすかだと、それだけおじぎしたり、かがんだりすることにより下着が見えてしまうんですよね。
  • 比較的女性の先生が多い幼稚園が一般的だとは思いますが、同性であってもあまりいいものではないと思います。

こういう服装は普段するものであって、個人面談には不向きです。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ