- 嘘をつく子供の心理を暴く!こんな理由で口からつい嘘が出る | MARCH(マーチ)

嘘をつく子供の心理を暴く!こんな理由で口からつい嘘が出る

2014/11/22

shutterstock_176657066

嘘は良くないことと言われています。特に小さい子はあまり嘘をつきませんが、成長と共にずる賢くなってきて、嘘をつくようになってくる子が出てきます。

嘘は良くないという子供の心理もあるために、出来る限り嘘がばれないようにと知恵をしぼるケースも出てきます。もちろん嘘は良くないのには変わりないのですが、それも成長の証とも言えます。

子供が嘘をつくのにも何かしらの理由があります。嘘は良くないけれど、出来るだけ子供にはどうして嘘をついたのかという理由を聞いてから対処したいものです。

子供には穏やかに問いただす

まず子供がもしも嘘をついたとしましょう。

どんな理由で嘘をついたのかを知ることは大事なので、頭ごなしに怒らずに冷静に「どうしてそんなことを言ったのか」と穏やかに問いただしてみましょう。

例えば「おうちでの約束を破った」としましょう。帰宅しなければいけない時間に戻らなかったときの嘘に、自分が遊びたかったからという理由がありがち。

ですが、実はお友達とのトラブルでいじめられたり、何かものを壊されたり無くされたりして探していたという可能性があるかもしれません。

この場合の嘘は言ったらいじめている子にバレルから怖いなどがあります。

自分は怒られたくないというケースは多い

昔長男がコンビニの商品を万引きするという衝撃的な出来ごとがありました。出来心から一度お店から持ち返ったけれど、怖くなって戻したというのです。

我が子が泣きながら「ごめんなさい」と謝ってきました。でも実は万引きをする子供はかなりいるようです。

もちろん子供は嘘をつくことが多いでしょう。怒られてようやく自分が何をしたのか気がつく子もいると思います。

だいたい「自分がやりました」と大人でも素直に言える人は限られています。ですから賢く嘘をつく子供の心理は手に取るようにわかってくると思います。

誰かを守りたくてつく場合もある

ただし自分を守るために友達や誰かを仕立てて嘘をつくという子供は良くありません。

自分が怒られたくないからという心理でしたら、そこは根本的に間違っていると教えてあげなくてはならないと思います。

  • 自分だけ良ければいいのか、ということを子供に今一度考えさせるいい機会かもしれません。
  • 嘘にもいろいろとありますが、自分のことだけを考えてついた嘘と、誰かを守りたくてついた嘘では嘘のレベルが違います。

本来は嘘にランクをつけるのも問題でしょうが、でも現実にはそうなるのです。

未就学の子供の嘘には要注意

個人的には学校にも入らない小さい子が平気で嘘をついているような場合は、その子からのSOSだと受け止めます。

自分に気がついて欲しいから嘘をつく。それは時に親に対してから始まり、先生方に続いて周囲の大人や友達にもついていくことになります。

下に赤ちゃんが生まれたという場合などによく見られるのですが、そうではない場合にはその子だけかわいがられていないなど自分が勝手に感じて嘘をつく可能性があります。

心の中で寂しい思いをしていないのか。気がついた大人などがその子の現状を調べて、潜在意識をくみ取ってあげるようにしたいものです。

大人は嘘をつかない手本になる

子供はどんどん上手に嘘をついて大人になっていくのかもしれません。

一概に嘘をついてはいけませんと注意しているのではなく、どんな嘘をつくようになったのかと全体を見ながら子供の成長を見守っていきたいものです。

嘘をつくのは何かしらの理由があるはずです。

でもちょっと待った。大人である私たちも嘘をつきすぎていませんか?子供に嘘をつくなと言っておいても、当の大人が嘘をついていたら示しがつきません。

もちろんどうしても、つかなくてはならない嘘はあるでしょうが、出来る限り手本になるような行動をしていきましょう。

みんなのコメント
  • さやさん

    幼稚園の年中5歳の男の子で、兄は7歳小学2年です。特に兄に対して3人で笑える嘘は冗談になるけど、良くない嘘をついたら泥棒になるよ。泥棒は警察に捕まってお母さんにも会えなくなるよ。と話していました。すると、翌日くらいから弟が顔色を変えて「僕、嘘ついちゃったかな…」と、したことや感想を言い間違えたりしたことも嘘だと思い込み、落ち込み話してきます。それは嘘じゃないかな大丈夫よ、お母さんはずっと一緒にいるよ!離れてって言っても一緒くっついてるよと安心感を与えるような気持ちで話しますが、不安になるみたいです。しばらく続くだろうと思いますが、今の対処で良いのでしょうか?アドバイスがあればお願いします。

あなたの一言もどうぞ