- 妊婦さんに大人気の運動、マタニティビクスで体を動かそう! | MARCH(マーチ)

妊婦さんに大人気の運動、マタニティビクスで体を動かそう!

2014/11/17

shutterstock_149855729

安定期に入ると食欲が増し、つい食べ過ぎてしまって体重が思った以上に増加することもあります。

その上お腹が大きくなってくると、動くのも億劫になり横になる時間が増えて、運動不足気味の妊婦さんもいるでしょう。

何か運動したいなと思ったら、マタニティビクスを始めてはどうでしょうか?

そこで、どんなことをやるのかよくわからないというあなたのために、マタニティビクスのメリットや内容を紹介していきます。

マタニティビクスのメリット

マタニティビクスというのは、妊婦さん向けに体の動きを組み合わせ、音楽にのせて動く妊婦さん向けのエアロビクスです。

でもわざわざレッスンに行かなくても、家で適当にダンスしていればいいのでは?とも思われがちですよね。

妊婦さんのお腹や腰に過度の負担がかからず、かつ脂肪燃焼、筋力アップができるメニューを専門の先生が考えて、レッスンに取り入れています。

短時間でも効果的に、かつ体に負担のない安全な運動という意味でも、専門のレッスンを受講されることをおすすめします。

また、家にいるとやろうと思っていてもつい後回しにしがちですが、レッスンに通えば嫌でもその時間は運動をすることになるのでサボってしまう心配もありません。

ただ体を動かすだけじゃなく、音楽に合わせて、リズムに乗りテンポよく運動ができます。気持ちもリフレッシュできるし、段々楽しくなってきてあっという間に時間も過ぎてしまうものです。

また、他の妊婦さんと知りあえるので、出産や育児に関する情報交換をしたり、プレママ友だちができるきっかけにもなります。

マタニティビクスレッスンの流れ

マタニティビクスの内容は、

  • 始めに体重や血圧などを測って、体に異常はないかをみるメディカルチェックを行います。
  • 次に足や腰、腕などを伸ばしたり曲げたりするストレッチから始まります。お腹が大きいとバランスを崩しやすいので、バーに掴まって行うレッスンもあります。
  • 硬くなった筋肉を柔らかくほぐしてから、いよいよ本格的なレッスンが始まります。
  • 腕を曲げたり伸ばしたり、手を叩いたりしながら足も上下左右に歩く、ジャンプする、回転するといった様々な動きを組み合わせて、音楽にのってリズミカルに動きます。
  • スローから徐々にテンポが早くなり、心拍数を上げながら有酸素運動を続けていきます。
  • 一通り動いたら、床にマットを敷いて骨盤周りや太ももの筋肉アップのためのストレッチをします。
  • そして最後はマットの上に仰向けになって目を閉じ、ゆったりと呼吸法をしながらクールダウンを行います。

マタニティビクスのメニューは、教室によって多少は異なりますが、大体の流れは同じです。

運動後は心地よい爽快感があって、運動が苦手な人でも回数を重ねることで徐々に慣れ、楽しめるようになってきますよ。

マタニティビクス教室を探そう

マタニティビクスのレッスンは、近くのスポーツジムやかかりつけの産院、自治体の講座など開催されていることが多いようです。

見つからない場合は、一般社団法人日本マタニティフィットネス協会のホームページで、マタニティビクス教室を開催している団体や、病院などが検索できるので試してみましょう。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ