- 出産準備リストを作ろう!本当に使う必要最低限のものとは? | MARCH(マーチ)

出産準備リストを作ろう!本当に使う必要最低限のものとは?

2014/11/13

shutterstock_194119175

赤ちゃんを迎えるにあたり、お母さんの購買意欲は否応なしに高まります。でもちょっと待って!それって本当に必要ですか?

育児雑誌に載っているものをすべて揃えていたらいくらかかるかわかりませんよね。今後の生活のためにも最低限必要なものだけ用意したいという方用にリストをつくってみました。

赤ちゃんのお洋服

  • 短肌着5~6枚…
肌に直接触れる下着です。汗をよく吸ってくれるよう吸湿性、通気性に優れたものを選びましょう。

1日に2回着替えたとしても、すぐに洗えば翌日までには乾いてしまう素材・大きさです。まずは、5~6枚用意し、赤ちゃんの肌と相談しながら買い足すとよいでしょう。

  • コンビ肌着5~6枚…
短肌着の上に合わせて着せる肌着です。短肌着に比べ、赤ちゃんの足が隠れるほど長さがあるのが特徴です。こちらも最初は、5~6枚で充分です。必要に応じて買い足しましょう。
  • ツーウェイオール2~3枚…
ドレスの形と足を分けるようにする形の2通りの着方ができる上着です。退院時や1ヶ月健診のときに役に立ちます。

しかしながら、新生児は外出の機会も少なく、お家にいるときは肌着で充分ですので、枚数はそんなに必要ないでしょう。

  • オムツ…
布おむつの場合は30~50枚あると安心です。カバーは2~3枚用意し、赤ちゃんのサイズや使い心地を見て買い足しましょう。

紙おむつの場合もまずは1袋を用意して、様子をみましょう。出産祝いで大量にいただくこともありますよ。

赤ちゃんのケア用品

  • おくるみ2~3枚…
退院時の防寒にもなりますし、普段寝かしつけるとき、抱っこするときなど、包んであげると赤ちゃんが安心した表情をみせてくれます。

洗濯時用に2~3枚用意しておくと安心です。バスタオルでの代用も可能です。

  • ガーゼハンカチ10~30枚…
出産後すぐに、授乳の際やよだれ拭きなど大活躍します。触り心地もやわらかく、洗ってもすぐに乾いてくれるガーゼ素材がベストです。
  • 綿棒1ケース…
沐浴後のおへそケア、耳とお鼻の掃除など、小さな赤ちゃんに合う細いタイプを準備しましょう。
  • 爪切りばさみ1つ…
先のまるい専用のはさみが使いやすいです。あっという間に伸びてしまう赤ちゃんの爪。使用頻度は驚くほど多いでしょう。
  • おしりふき1袋…
大きさや水分量などが商品によって違います。いくつか試して、赤ちゃんに合ったものを見つけてから、買い置きした方が得策です。
  • 体温計1つ…
赤ちゃんの体調管理に欠かせないものです。瞬時に測れる耳タイプもありますが、誤差があるようなので注意しましょう。

おふろ用品

  • ベビーバス1つ…
衛生面や安全面を考慮すると生後1ヶ月くらいまでは普通のバスタブは避けた方がよさそうです。

洗面台や流しにセットできるタイプや折りたためるタイプもありますので、生活スタイルに合ったものを選びましょう。

また、使用期間が短いので、友人間で貸し借りするというのも一つの方法です。

  • ベビーソープ1つ…
大人と同じものでは少し刺激が強いようです。赤ちゃんの頭を支えながら使うことになるので、ポンプを押せば泡で出てくるタイプが便利です。

ねんね用品

  • お布団セット一式…
敷布団、シーツ、掛布団、掛布団カバーなど赤ちゃんサイズの寝具がセットになったもの準備しましょう。バスタオルをタオルケット代わりに、ひざ掛けを毛布代わりにすることもできます。
  • 防水シーツ2~3枚…
寝ている間に漏れてしまったり、おむつ交換の際に飛ばされたり、何かとお布団が汚れがちです。慣れるまではシーツでカバーしましょう。

お出かけ用品

  • マザーバッグ1つ…
赤ちゃんとのお出かけはとにかく荷物が多くなります。大きめの両手が自由になるようなバッグが重宝します。
  • ベビーキャリー1つ…
おんぶ、横抱き、抱っこなど何通りにも使えるものが人気です。

出産後の方が良いものを選べる?

初めての出産では、右も左もわからず、とりあえず色々準備しておくことが安心にもつながります。

ですが、実際に赤ちゃんと過ごしてみると、案外使わなかったり、あれで代替えできたかなというものも多いのです。

それに、赤ちゃんと過ごしていく中で、「これがあるといいな」と直感で感じたものの方が確実に役に立ってくれるはずです。

はやる気持ちを抑えつつ、ひとつひとつの用品を厳選して、シンプルで快適な環境で育児のスタートをきりましょう。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ