- ママ友って怖いの?複数コミュニティで逃げ場があると安心 | MARCH(マーチ)

ママ友って怖いの?複数コミュニティで逃げ場があると安心

2014/11/12

shutterstock_166528721

赤ちゃんが誕生し、赤ちゃんとの生活になれてきたら、お外におでかけするようになりますね。少しずつ、赤ちゃんとの世界が広がっているのではないでしょうか。

世界が広がると同時に、人間関係も、広がってきますね。公園デビューしたり、子育てサークルに参加したり…。

習い事や保育園、幼稚園が始まると、子どもの友だちが増えるだけでなく、ママにも友だちができてきます。仲良しのママ友はいますか?

テレビで「恐怖のママ友体験談」のような特集があって、「きゃー怖いー!」とびっくりしてしまうことがあります。本当にそんなことが起きているのかと信じられない思いです。

心から安心して気兼ねなく付き合えるママ友ができることを、願いたいですよね。

どうしても無理して付き合うことがあるから…

そもそも、なぜママ友にトラブルが起きてしまうのでしょうか。まず、これまでの友だちの作り方と、ママ友の作り方は、少し違いがある点から考えてみましょう。

独身の頃は、自分の気が合う人とだけ付き合えばいいことが多かったけれど、ママになると、子どもを通した人間関係ができてきます。

ちょっと苦手だなと思っても、子どもの習い事のたびに顔を合わせるとか、クラスの役員が同じだからどうしても避けられないとか。

また、子どもが何か不利益を被らないようにと、自分の人間関係のストレスを我慢して、付き合い続けることもあると思います。

お互いに本当に仲良くしたいと思っているかどうかよりも、仕方なく付き合うために、トラブルが起きてしまうのかもしれません。

そして、どうしても家庭を比べてしまうことも、トラブルの原因になっているのかもしれません。

  • 夫や子どものことを比べ嫉妬心が芽生えてしまい、羨ましさからイジメの対象にしてみたり…。
  • 窮屈だなと思う仲でも見栄をはるあまり、無理を繰り返してしまったり…。

ママ友のトラブルは、一度こじれるとエスカレートし、なかなか解決に至らないという難しさがあります。

子どもの喧嘩なら先生や親が仲裁できるけれど、大人と大人の問題には誰も首をつっこみたくないものです。

社宅など、互いの夫の役職を知っていて、どれくらいの収入があるかも分かっている仲だと、付き合いづらいこともあるかもしれません。

自分の夫の方が地位が高いなら、謙虚さをもつことが必要です。でも、過剰な謙虚さや過剰な持ち上げ方は、よくありません。何事も、ほどほどにしましょう。

複数のコミュニティをもっておこう

ママだからといって、友だちがママ友だけだと、息苦しくなってしまうと思います。子どもの保育園や学校、習い事のママ同士のつながりだけだと、そこで何かあったときに、もう行き場がありません。

ママになる前からの付き合いの友人を大切にしましょう。かつての同級生、同僚などがいいでしょう。昔からの仲の友人が近くにいるとは限りませんが、メールや電話で話ができるだけでもいいのです。

結婚や出産の時期が違うぶん、リアルタイムで比較することがなく、気が楽です。「うちもそうだったよ~」「こうやってみたらうまくいったよ~」とアドバイスをもらえて、素直に聞けると思います。

また、何か少し行き違いが起きてしまったとしても、長年付き合ってきた仲なら、深刻な事態にならずにまた元に戻れるはずです。それだから長く仲良しなのだと、自信を持ってください。

近場で起きているママ友トラブルのグチを言えて、なおかつ、そこからグチが本人に伝わることのない人の存在は大切です。子どもの学校や習い事とは完全に別のコミュニティということです。

複数のコミュニティを持っていれば、どこかでトラブルが起きたり、もう疲れたと思ったときに、逃げ場になったり、本当に安心して話ができたりと、救いになるはずです。

人はだれしも、「あの人いいな〜」と思うことがあります。まさに、隣の芝は青く見える、というものです。

きっとあなたも充分に幸せなのに、他人の方がもう何倍も幸せいっぱいに見えて、疎ましくさえ感じられることがあるかもしれません。

家事に育児に一生懸命でストレスの多いママ同士、なぜだかぶつかってしまうこともあるのでしょう。でも、ママ友トラブルって、いいことひとつもありません!

  • 巻き込まれないようにすること
  • 巻き込まれても他に安心して付き合えるコミュニティがあること

が大切だと思います。これから少しずつ広がっていく我が子の世界と、ママの人間関係が幸せいっぱいでありますように。素敵なママでいてくださいね。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ