- 赤ちゃんのおならが臭いなら考えるべきはお腹の中の状態 | MARCH(マーチ)

赤ちゃんのおならが臭いなら考えるべきはお腹の中の状態

2014/11/11

shutterstock_203433562

「うちの赤ちゃんはおならが臭い!」とびっくりしたことはありませんか?ミルクやお母さんのお乳しかもらっていない赤ちゃんでも、本来おならはしっかり出るものです。

一日の回数で言えば大人とそれほど変らないので、驚くこともあるでしょう。しかし通常では赤ちゃんのおならは「臭さ」を発することはないのです。少なくとも、匂いにびっくりするほどではありません。

では赤ちゃんのおならが臭いということはどんな意味をもっているのでしょう?

赤ちゃんのお腹とおならについて

赤ちゃんのおならが臭くないのは、生まれたばかりの頃お腹、腸内に善玉菌がたくさんあるからと言われています。

この時期は胎内でお母さんから受け取った乳酸菌などに依存しているので、自分のお腹の中には独自の菌が育っていないのです。

それに口にするのも母乳かミルクと毎日内容が同じなのですから、言うなればおならも同じ匂いがして当然。

また母乳やミルクがお腹の中に残っている時間も短くすぐにおしっこやうんちで排泄されるので「臭くなる暇が無い」というのが実情なのです。

赤ちゃんのおならが臭くなり始める時期は

おならの匂いが気になりだすのはお母さんからもらった善玉菌の効果が薄くなる頃から、同時に離乳食が始まって母乳とは違ういろいろな食べ物を食べるようになる辺りからなのが一般的です。

離乳食が始まる月齢は様々ですが多くの家庭で5ヶ月から6ヶ月頃に集中しているようです。

このくらいの月齢まで大きくなると、

  • それまで形も大きさも小さく未発達で不十分な働きしか出来なかった胃や腸が大人に近い形にまで育ちます。
  • 細かった胃はしっかり広くなり、腸も長く大きくなっていきます。

なので食べたものがお腹の中に留まる時間も以前より長くなり、ここに至って初めて細菌によって分解、発酵されておならの「臭さ」が生まれるのです。

このことから、おならの臭さが気になりだしたということは、赤ちゃんの消化器官の成長の証。外からは見えない内臓も順調に育っているのだというお母さんが確認できるということなのです。

「だんだん大きくなっていっているのね。」とほほえましく感じてあげるのが良いと思います。

おならの臭さが心配な時(お母さんについて)

母乳、ミルク中の赤ちゃんはおならが臭くないということを述べました。ですが月齢にして3~4ヶ月でもおならが臭くなることもあるのです。

そうした場合はちょっと注意しなければなりません。完全母乳育児のお母さんの場合、お母さんが食べたものは母乳にそのまま影響を与えます。

肉、魚、乳製品、スイーツなど、カロリーの高いもの、消化し辛く身体に残りやすいものを多く食べるとそのままの内容の母乳が出来るということなのです。

授乳中のお母さんと赤ちゃんの体は運命共同体です。消化に悪いものを多く採った後にお母さんの体にできた母乳は赤ちゃんにとっても消化に悪いもの。

月齢2、3ヶ月の頃にから赤ちゃんのおならが気になるくらい臭ければ、お母さんが日々何を食べているか振り返って考える必要があるということなのでしょう。気をつけてくださいね。

おならの臭さが心配なとき(赤ちゃんについて)

あるいはミルクにもおむつにも問題がないのに赤ちゃんがひどく泣いてどうしても泣きやまないことがあれば、それもおならが関係しているかもしれません。

つまり、腸が活発に動いているのにその中に溜まっているおならのガスが外に出ていけなくて、腸を内側から圧迫している状態である可能性が高いのです。

そんなときおならの臭いも強くなっていますし、おならがなかなか出せない何かの原因があるはずです。

離乳食前におならが出にくいというのは先に挙げたように、

  • 母乳の消化不良などで便秘になっている
  • 「胃軸捻転」で、溜まったガスが腸をもちあげてねじれてしまうので、結果おならを出すことが出来ない

という二通りのケースがあります。

胃軸捻転の症状は赤ちゃんに頻繁に見られるものなので特に深刻なものではありませんが、乳はきが続く場合にもねじれを起しているという現われです。

乳はき、おならの臭いが強い様子ならねじれが起きている可能性を想定しましょう。

その上で、腸のある辺り、赤ちゃんの下腹をのの字の形に優しくマッサージしてあげると、便やおならの排泄を促しすことができますから機嫌のよいときにでも習慣にしてみてください。

おならの臭い改善には

最後におならの匂いが臭いのは悪玉菌の量が多いからでもあります。腸内で働く善玉菌の代表であるビフィズス菌がちゃんと育っておらず悪玉菌の方が多いということでもあるのです。

これを防ぐために離乳食のころからヨーグルトを用いるのもいいことですよ。

プレーンヨーグルトならりんごをすりおろしたりばななをつぶしたりしてすぐに混ぜることが出来ますし、火を使わなくても一食分ささっと順備できるので是非やってみてください。

みんなのコメント
  • 匿名さん

    母乳は食べたものがそのまま出るっていうのは迷信
    ちゃんと医師の文献を参考にして下さい

あなたの一言もどうぞ