- 子供の歯を矯正したほうがいいか迷った時に行うチェックポイント | MARCH(マーチ)

子供の歯を矯正したほうがいいか迷った時に行うチェックポイント

2014/11/10

shutterstock_109604216

子供の歯並びは気になる方もいらっしゃるでしょう。

諸外国に比べて日本人は矯正をしているケースが少なくて、歯並びがでこぼこの大人もたくさんいるのですが、やはり歯並びが綺麗だと虫歯にもなりにくく、見た目も当然綺麗です。

矯正をするならば大人になってやるよりも、子供の頃にしたほうがお得であること。期間が短くて済むことなどが考えられますので、我が子の歯並びがいまひとつの時には悩んでしまう気持ちはよくわかります。

我が家も一番上の子を矯正するかで専門医に診察してもらったことがありますから。

出っ歯は見た目で矯正するか考える

さて、矯正したらいいかのポイントなのですが、まず一番なのは子供の歯に関して客観的に見てどう思うかです。特に多いのは上の前歯。いわゆる出っ歯というものです。

これは子供が友達からバカにされやすいという特徴もありますが、何より他人から「出っ歯の人だ」と思われるほど目立つという点でしょう。

乳歯から大人の歯へ変わっていくということは、大きさも変わるので比較的早い段階で出っ歯かどうか判断がしやすいと思います。

うちの上の子もやや出っ歯なのですが、このケースは絶対に矯正しなくてはならない、というレベルではないので親の判断ですね、と言われました。

虫歯になりやすいケースも慎重に考えてみる

次に我が家の末っ子が既に言われているのが、乳歯の段階から歯の隙間がないケースです。

この手のタイプは大人の歯になった際に、ますます隙間がないのでまっすぐに生えない状態が発生するので、特に下の歯がでこぼこと斜めに生えたりするそうです。

私もやや下の歯はでこぼこしていますが、こういう歯だと歯の隙間に歯石が溜まりやすくて虫歯になりやすいというデメリットがあります。

もちろん見た目もいまひとつ良くないですよね。出っ歯ほど緊急性はないのですが、虫歯になりやすい点を考えると、判断が難しいところではないでしょうか。

お金に関してはしつこいくらいにチェックする

矯正は保険が効きませんので、正直かなりの出費が必須です。うちのように子供の人数が多く、しかも全員矯正したほうがいいなんて言われた場合には、一気に矯正貧乏になる可能性は非常に高いです。

その点は歯科の先生方もご存じですので、まずはお金に余裕がなければ無理にとは勧めてきません。もちろんあまりにひどい歯並びでしたら、積極的に言われるケースもあるでしょう。

  • 一度スタートしたら基本的に終わるまでは止められません。
  • 型を取ったらその分のお金も必要ですので支払いは必要です。

矯正を始める前に先生とじっくり相談することは大切だと思います。

矯正に向いている年齢は少し時間がある

子供の矯正では、スタートする年齢がある程度決まっているそうです。

だいたい小学4年生から中学生まで。このくらいで矯正をスタートさせなくてはなりませんが、かなりの期間があると思いませんか?

つまり1年以上の時間をかけて検討することが出来ますので、本人の希望も含め家庭のお金についてもパパと相談して決めることが出来ます。

お金がいくらくらい必要なのか。いつまでに用意したらいいのか。矯正の期間はどのくらいなのか、など細かな部分を確認してからGOサインで進めるように打ち合わせは念入りにしましょう。

たくさんの歯科医へ確認してみよう

昔から矯正をする子供がいましたが、最近では昔より矯正をしているケースが多い気がします。

またメガネの子も増えていますので、矯正やメガネをかけていることでいじめられることも滅多にありませんので、いじめを心配して矯正を躊躇うことは必要ないかなとは思います。

やはりたくさんの口の中を診察している歯科医から「矯正したほうがいいのでは」と言われる場合には、検討の余地があるのでしょう。

  • 迷ったら他の歯科医に相談して判断を聞きましょう。
  • 何人もの歯科医が勧めるようならば、本格的に矯正をしたほうがいいと認知すればいいのかもしれません。
みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ