- 双子や小さく生まれた赤ちゃんにも母乳育児は出来るのか? | MARCH(マーチ)

双子や小さく生まれた赤ちゃんにも母乳育児は出来るのか?

2014/11/09

shutterstock_151090952

母乳育児を考えた時、気になるのが双子の赤ちゃんや小さく生まれた赤ちゃんの母乳育児についてです。母乳は二人分出るのか?保育器で過ごしている赤ちゃんに母乳育児は出来るのか?

不安になることも多いものです。しかし安心しましょう。双子でも、小さく生まれた赤ちゃんでも、母乳で育てていくことは出来るのです。

双子の赤ちゃんの母乳育児方法

双子の赤ちゃんを出産し、母乳育児を考えているお母さんにとって、二人分の母乳が出るのかはとても不安になることです。母乳育児は一人の子を育てる時でさえ、母乳不足は不安要因の一つです。

しかし、母乳が足りないのは母乳の出方に問題があったり、おっぱいにトラブルが起きているために起こる不足です。乳房が正常に活動しているのであれば、母乳は飲めば飲むほど作られるのです。

特に、双子の赤ちゃんを産んだお母さんは、大量の母乳が作られる体へと変化していますので、二人を母乳で育てても、母乳不足になることはないのです。

但し、母乳に詰まりやしこりなどのトラブルが起きた場合は別です。母乳がスムーズに出てこなければ新しい母乳は作られず、母乳が足りないということにもなるでしょう。

双子を育てる時に限った事ではありませんが、母乳育児を行う人はおっぱいのケアには力を入れていきましょう。

双子の母乳育児の進め方

双子に授乳する時は、二人同時に飲ませる事を考える人もいますが、これは赤ちゃんの首がすわり、授乳に慣れてきちんと咥えさせられるようになってきてからです。

始めは時間がかかって大変ですが、一人ずつ飲ませていきましょう。

母乳育児を行うには母乳の出をよくする必要があります。そのためには、少なくとも1日に8回は授乳しなくてはならず、最低でも3時間起きに授乳することになるのです。

これに加えて、二人分の授乳時間がかかります。

母乳を飲みなれていない赤ちゃんは飲み終えるまでに時間がかかりますので、初めの頃は常に母乳を飲ませている状態になり、お母さんは1日中授乳しているように感じるでしょう。

双子を母乳で育てる場合は、1日いてもくつろげるような環境作りを意識しておくのがポイントです。

しかし、赤ちゃんの首がすわる頃には、赤ちゃんも飲みなれてきますので授乳時間は短くなり、二人同時に飲ませる事も出来るので授乳にかかる時間と労力は大きく減ります。

それまでの辛抱と思って乗り切りましょう。

小さく生まれた赤ちゃんの母乳育児方法

低体重で生まれた小さな赤ちゃんは生まれてからしばらくの間、保育器の中で過ごしていきます。

そのため母乳育児は出来ないのではと思われがちですが、

  • 母乳を搾乳して与えることで母乳育児を行うことは出来ます。
  • 但し、お母さんは母乳を搾乳して毎日病院へ行かなければなりません。

保育器で過ごす赤ちゃんを母乳で育てる場合は、保育器から出られるまで毎日、搾乳と病院通いをしなければならないということは理解しておきましょう。

小さく生まれた赤ちゃんの母乳育児はお母さんの負担は大きくなってしまいますが、赤ちゃんにはとても良いことです。

母乳には感染症から身を守る免疫物質やバランスの良い栄養素が含まれていますので、健康に成長してもらうにも、是非母乳育児はお勧めです。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ