- マタニティの服はいつから準備するとお腹などがきつくないのか | MARCH(マーチ)

マタニティの服はいつから準備するとお腹などがきつくないのか

2014/11/08

shutterstock_136849721

妊娠がわかってすぐはまだお腹も小さいということで、マタニティの服は必要がありませんが、いつから着たらいいのか迷う方もいるのではないでしょうか。

着るタイミングとしてはお腹が大きくなった頃からだと思うのですが、体調がいいようならば少しずつ購入したり友達からもらうなり、手に入れるほうが安心かと思います。

今までの経験から言いますと、洋服よりも下着を着た瞬間のほうが「ああ、なんだか落ち着く」と感じることが多いので、下着は早めにご準備下さい。

ブラジャーは出来るだけ早くチェンジしたい

お腹がきついと思い始めてから、出来るだけ早めにマタニティの洋服へチェンジしたほうがいいのですが、つわりの時なども締め付けられると苦しいと感じることもあるでしょう。

そんなことを考えると、マタニティの洋服は早めに着てもいいかなと思います。

ブラジャーもゆとりがあるような、ノンワイヤータイプだとつわりの時期から授乳の時期まで幅広く使えるので、あまり期間限定の無駄な買い物をしたという感じはしないと思います。

ですから特に早めに購入して使い始めるといいでしょう。

パンツは安定期くらいに着用がお勧め

お腹周りもですが、妊娠すると胸がぐっと大きくなってきます。

ブラジャーを早めに用意できなかった場合にはむしろ今までのものをつけるのではなく、ノーブラでいるくらいのほうが胸にもいいですし自分も楽になります。

パンツは色気もないようなデカパンになってしまうと思うのですが、何よりもお腹が冷えないこと、下着のゴムがちょうどいい位置にくるので履いていて苦しくないというのが最大のメリットです。

形はかわいくありませんが、履くととってもいいものです。

チュニックはマストアイテム

洋服に関してですが、今はチュニックなども巷にはたくさん溢れています。

この手の洋服はお腹周りがゆったりとした作りですから、こういう服を今まで持っている方でしたらあえてトップスを用意する必要はないかもしれません。

  • 私もマタニティ用のトップスはほとんど買わないで済ませました。
  • さすがにスカートやズボンなどは通常のものでは難しいことが多いので、安定期に入る前に少しずつ準備していくことにしました。
  • 産後も着られそうな洋服があれば、そういうものを買ったほうがお得です。

ゴムの洋服は伸びて産後着られなくなることが

実はゴム素材のスカートを持っていて、妊娠中に着ていたのですが残念ながらゴムが伸びてしまったため産後には着られないという経験もしています。

ゴム紐タイプだったのですが、洋服によってはお腹が大きくなった後には着られないこともあると認識したほうがいいかもしれません。

そしてどうしても普通の洋服ということから、お腹が出ている分前の丈が短くなりますし後ろとのバランスがおかしく見えるようになります。

これも踏まえて許容範囲ならば、わざわざマタニティの服を選ばなくてもいいでしょう。

コートなどはママコートを使うという手も

臨月近くなりますと、上着のボタンがしまらないことが出てきます。これ、真冬だと寒くて辛いです。

大き目のアウターを買ってもいいのでしたらそれで対応が出来ますが、他にもおんぶや抱っこにも向いているママコートを妊娠中に着るという方法もあります。

ゆったりとした形になっているので、お腹がきついということがないのが何よりもいいところだと思います。

お腹つながりで妊娠中は腹帯などもあると夏場の冷房の冷えも守ってもらえますし、何よりお腹が安定するのでかなりお勧めです。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ