- 産後モヤモヤの原因は旦那とのすれ違い?求む、パパの支え! | MARCH(マーチ)

産後モヤモヤの原因は旦那とのすれ違い?求む、パパの支え!

2014/11/06

shutterstock_147933050

 赤ちゃんが誕生されたばかりの皆さん、おめでとうございます!旦那さまと楽しい生活が始まっているでしょうか?

新米パパの皆さま、ぜひぜひ、ママの力になってください。というのも、産後の大変なとき、夫が家にいないのは、本当に辛いものだからです。

出産前後に夫不在は本当につらい

私は、出産と夫の仕事の忙しい時期が重なってしまい、産前も産後も、夫は出張で不在ばかりでした。臨月に入ると同時に里帰りをしたため、妊娠9ヶ月目の、ふたりきりで過ごせる最後のひと月も、夫は出張ばかり。

私は本当に悲しくなって、何度も泣いていました。仕事が忙しいことも、出張にいくことも、理解しなければと思いました。

「もっとそばにいてほしい!」とか「ふたりでゆっくり過ごしたいのに!」という私の思いは自分勝手なものなのだと思い、それを伝えることをぐっと我慢して、とても辛かったです。

妊娠したことはとても嬉しく、出産が楽しみだったことに嘘はありません。

それでも、出産後は夫とふたりきりで楽しく過ごしていた今までの生活とガラリと変わると思うと、なんだかさみしくなるのです。夫婦ふたりでのんびりできる時間を、大切にしたいのです。

こんなことが許される社会ではないのかもしれませんが、妻が妊娠中、産後すぐの働き手には、

  • できるだけ出張は避けたり
  • 急な呼び出しがない仕事を任せたり

何か気のきいたことはできないものなのでしょうか。そんなことを頼んだら、職場での立場がなくなるのでしょうか。

…そんなことを、モヤモヤ考えてしまう日々が、出産予定日が近づくにつれ多くなりました。

産後のママは孤立感が増す

そして、産後も、夫の仕事の忙しさは落ち着くことがなく、帰宅は深夜、時には早朝。私は慣れない育児で疲れが出て来るだけでなく、「話し相手がほしい…」という気持ちが強くなりました。

生後間もない赤ちゃんは、おでかけできる場所も限られ、また私が近所に知り合いがおらず気軽に遊びにいくこともできなかったため、一日中赤ちゃんとふたりきりの日々でした。

赤ちゃんはどんなに可愛くても、会話ができるわけではなく、私の孤立感は増しました。一日中家にこもって赤ちゃんとふたりきりで過ごしていると、社会から切り離されたような気持ちになるのです。

はたからみれば「可愛い赤ちゃんに癒されながらのんびり過ごせていいよね〜」と思われるかもしれませんが、本当に、産後すぐの慣れない育児をしながらの孤独な生活は、もう辛くてたまりません。

新米パパには、ぜひ知って欲しい、新米ママの気持ちです。

会えない日はメールでコミュニケーションを

つらくても、ママは頑張っておいしい母乳を出したい!おいしい母乳を出すには、気持ちよく過ごしていないと!と思いますよね。

出張で不在続きの夫になんだか腹のたってきた私でしたが、怒ってもこの状況が変わるわけではないのだからと、気持ちを整理して落ち着いて考えてみることにしました。

そこで、よかったのがメールとSNSです。

夫の出張中は、毎晩メールのやりとりをしていました。一言しか返信がない日もありましたが、私からは可愛い赤ちゃんの写真も毎日送りました。

そして、恥ずかしながら、私たちは本当に大切な話を面と向かってするのが少し苦手な夫婦なのですが、メールだと気持ちを伝えやすいと感じました。

お金の話や保険の話、病院の話、将来の話など、まじめな話をメールでやりとりすると、感情的になったり面倒臭がったりせず、それぞれが冷静になって考えることができると思いました。

また、あるSNSでは「いいね!」と言ったものが表示される機能があり、夫が育児に大変な主婦の投稿に「いいね!」と言っているのを見て、

「あぁ、こういうものを読むようになったんだな。私のことも少し分かってくれたかなぁ。」と思いました。

直接ではなくこのような形で夫婦の思いを知るのは残念な気もしますが、うまく関われていないときには、こんなささやかなことにさえも、嬉しく思いました。

産後まもない奥様のいる男性の皆さま、できるだけ、ママと赤ちゃんの近くにいてください。

具体的に何をして欲しいということがないときでも、近くにいてくれるだけで、気持ちが落ち着き、安心していられます。漠然とした不安と孤独感から救い出してくれるのは、旦那さまなのです!

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ