- 寝相の悪い旦那と子供に挟まれて眠る場合の安眠のコツって? | MARCH(マーチ)

寝相の悪い旦那と子供に挟まれて眠る場合の安眠のコツって?

2014/11/02

shutterstock_215583376

子供の寝相が悪いのはよく聞く話なのでわかるのですが、時々旦那さんの寝相が悪くて困っているというママの話も耳にします。

確かに冬場は子供も旦那さんも比較的おとなしく丸まって寝てくれるのでいいのでしょうが、少しでも暑くなってくる初夏から秋の初めくらいまではゴロゴロ転がってくるなんて心配も出てきます。

旦那さんの寝相が悪いと子供にぶつかって、もしくは乗っかってしまうかもしれないという危険性があるので、赤ちゃんの隣には寝かせられないということも世間ではちらほら聞かれる話です。

母になると無意識に距離を保てるらしい

母になると不思議なことに、隣に新生児が寝ていてもちゃんと新生児のことを意識しているのでしょうか。赤ちゃんに乗っかったりするようなことはないと言われています。

確かに私も新生児の隣で何度も寝ていましたが、ちゃんと赤ちゃんとの距離は保っていたように思えます。ですが、出産を経験していないパパの方はというと、無意識に距離をおくことが難しいのだとか。

うちの夫の場合は「なんか隣に行くとダメだという気がして熟睡出来なかった」と言っていましたが、私は平気だったので何処か潜在意識が違うのでしょう。

布団は出来る限りたくさん用意を

旦那さんの寝相が悪い場合は子供と離れて眠るほうがいいと思います。やはり体が大きくて、体重をかけられたら小さい子供にはリスクが高いと思うのです。

だから必然的にママが間に入ることになると思うのですが、両方から突撃されることも稀にあります。さて、どうしたら安眠出来るのかというのが大問題。

寝室がそれなりに広いと仮定した場合、出来るだけ布団を多めに用意出来るのならば、子供と旦那さんの布団と自分の布団と3枚は用意します。

子供布団も大人と同じくらいの横幅があるほうが転がってきても自分に当たる可能性が少し低くなります。

同じ布団で子供と寝ない

とにかく同じ布団で子供と寝るという発想は捨てましょう。冬ならば良くても、暑くてたくさん転がってくるような時期にはちょっと危険です。

どうしても大人一人のスペースに子供と寝ることになれば、それだけ狭い場所に眠らなくてはならないということを、しっかりと認識する必要があります。

ベッドで寝ている方も

  • セミダブルではなく、せめてダブルで子供と眠るようにしたほうがいいと思います。
  • また旦那さんは別のシングルかダブルベットで眠るようにします。

すると、被害が最小限で済むでしょう。

子供用布団より大人の布団のほうがいい

スペースが狭いというお悩みも、2段ベッドにするとか、いっそのこと旦那さんとは別の部屋で眠る方法もありだと思います。

うちは子供が3人いますので、寝室が比較的広くなっていても布団を4枚並べてしまえば、もう無理です。ですから真ん中の子と夫が同じ布団で寝ているのですが、時々子供の寝相が悪いと私にぶつかってくることがあります。

子供だろうと子供用の布団ではなく、大人と同じサイズの布団を使ったほうが、ママとしては熟睡出来ると思いますよ。

我が家もそろそろ末っ子はベビー布団を卒業です。

寝具にまで気をつけよう

ママが安眠するためには、とにかく子供たちが暑く感じないような室温にすることが大事です。そして布団のスペースを出来る限りとること。

私は大きい抱き枕タイプを子供との間に置いて眠っていますが、ここで子供がぶつかり私にはあまりぶつかってこなくなったので重宝しています。別に抱き枕でなくても良いと思いますが、掛け布団などでも構いません。

子供と自分との間に壁を作ることで、少しでも子供から邪魔されることがなくなります。少しでも子供と旦那さんが暑がらないように、寝具にも気配りをすると良いですね。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ