- 母乳育児には準備が大切!授乳をスムーズに進める方法とは? | MARCH(マーチ)

母乳育児には準備が大切!授乳をスムーズに進める方法とは?

2014/11/01

shutterstock_147154448

母乳は妊娠、出産をすれば自然に出るようになるものですが、放っておいて勝手に出てくるものではありません。母乳育児をスムーズに行う為にも、事前準備はとても大切です。

早いうちから母乳育児を行うための準備や心がけについて考えていきましょう。

母乳育児のために欠かせない心がけ

母乳育児とは、そもそもお母さんと赤ちゃんの最も効果的なスキンシップです。ただ栄養源を飲ませればいいというわけではありません。

「よく分からない」としても、心の繋がり、言葉にしなくてもその行為を通して互いの気持ちを共有している時間と受け止めましょう。

また、美味しい母乳を作るためにも、お母さんはこれまで以上に自分の事を大切にしてあげましょう。

赤ちゃんが産まれると、お母さんは自分の事よりも赤ちゃんのことに意識が向いてしまい、多少の無理があっても無視して頑張ってしまいがちです。

しかし、こうした頑張りや自分を後回しにすることは母乳育児ではマイナスになってしまいます。

疲労で母乳の出方が悪くなってしまったり、知らず知らずに溜まったストレスで母乳の味が変わってしまったりと、良いことはありません。

まずは自分の心身の健康ありきです。赤ちゃんの事を一番に考えてあげながらも、自分に意識を向けることも忘れないようにしましょう。

母乳育児に適した服装選び

母乳育児をスムーズに行うために欠かせない心がけ一つが、服装選びです。いつでもどこでも授乳しやすい服装を選ぶようにしましょう。

  • 今は授乳する人向けの洋服のバリエーションも増えてきています。
  • 授乳用の服でなくても、前あきの洋服やおっぱいの出しやすい服装であれば大丈夫です。
  • 自分好みのスタイルを取り入れながらも、授乳のしやすさを考えて服を揃えていきましょう。

また、服装だけでなく下着選びも重要です。両方とも体を締め付けず、リラックスして過ごせる服、授乳しやすい服であるかどうかを一番に考えながら選ぶ事が大切です。

母乳育児に欠かせない授乳前の搾乳!

搾乳とはその名の通り、母乳を絞り出すことですが、搾乳には二つの役割があります。まず、赤ちゃんに飲ませるために搾乳することと、授乳しやすくするために行う搾乳です。

母乳とミルクの併用ではなく、完全な母乳育児を考えている人は搾乳とは無縁と思っているかもしれませんが、実は違うのです。

母乳育児をスムーズに行うためにも搾乳が必要になるのです。

赤ちゃんへの授乳を始める前に、軽くで十分ですので搾乳しておきましょう。搾乳することで乳首を柔らかくなるので、赤ちゃんもより飲みやすくなるのです。

また、事前に搾乳を行う事で、お母さん自身も自分のおっぱいの状態を把握する事が出来ます。母乳が詰まっていないか、状態の良い母乳がスムーズに出ているかを確認する機会にもなるので定期的な搾乳は大切なのです。

搾乳を行う時の注意点ですが、搾乳しやすいよう搾乳器が販売されていますが、搾乳器は場合によってはおっぱいを傷つけてしまう可能性もあります。出来る限り自分の手で搾乳出来るよう練習していきましょう。

母乳の出をよくするポイント

母乳育児をスムーズに行う為には、そもそも母乳がスムーズ出てくれなくてはいけません。そこでポイントになるのが、頻繁な授乳です。

母乳が出てくるのは必要とされているから出てくるのです。まずはお母さんの体に、「母乳が必要とされている」と分かってもらう事が大切なのです。

そのためにも、昼間も夜中も関係なく、頻繁に授乳していくことが必要です。

栄養バランスの摂れた食事、小まめな睡眠で十分な休息を確保、その上で毎日何回でも授乳していき、体に母乳を出す必要がある事を訴えていきましょう。

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ