- ディズニーランドに行きたい!子供連れでホテル代を抑える秘訣 | MARCH(マーチ)

ディズニーランドに行きたい!子供連れでホテル代を抑える秘訣

2014/10/30

shutterstock_217354168

大人も子供も大好きなディズニーランド。

子供が生まれてからも、赤ちゃんのうちは乳幼児施設や設備等の心配はあるものの、旅費の心配はせずに遊びに行けていたディズニーランドも、4歳以上になると話は別!

パークチケットは子供料金がかかりますし、車での移動でない限り交通費だって大きくなるにつれてかかるようになってきます。

その上ホテルに泊まろうと思うと、「夢の国に行きたいのに、お金のことを考えると現実に引き戻されてしまう~」と感じているパパやママも多いのでは?

そんなパパやママたちに、ホテル代をちょっとでも安くする秘訣をご紹介します。

旅行日程を立てよう!

混雑を避けるにはオフシーズンを狙うのが一番とは言え、あまり暑すぎたり寒すぎたりするのは心配…。

  • 子供が小さいうちは、できるだけパーク内で過ごしやすい気候の頃に行きたい!
  • 空いている平日に行きたい!

それはきっと誰もが思っていることではありますが、パパやママの仕事の都合もありますよね。

土・日・祝日や大型連休などにパーク内が混雑することは予測できますが、長期休暇中や人気イベント期間中の土日かそうでないかでも変わります。

また、混雑状況にはそれほど違いはなくても、ホテル代は一日違っただけ、一週間違っただけで大きく変動している場合も多いので、旅行日程を決定する前に空室状況やホテル代の確認をしておきましょう。

ディズニーホテル?オフィシャルホテル?パートナーホテル?

予算を多めに取っておけているなら、ディズニーランドホテルなどのディズニーホテルに泊まれたら言うことなしですが、何かと物入りの子供連れにとっては敷居の高い場所でもあります。

そんな子供連れにとっては、オフィシャルホテルが強い味方!アクセスもいいので、都会の喧騒を避けディズニーランドで遊んだ楽しい気分のまま眠って、また次の日もその気分のままパークへ直行できます。

もっとホテル代を抑えるには、パートナーホテルの方がいいのでは?という疑問も湧くと思いますが、価格比較をしてみるとオフィシャルホテルの方が安い場合も多いので、即決するのはまだ早い?!

ホテル予約はどこでする?

まずは、予約の方法ですが、旅行代理店やインターネットのサイトなど、毎回同じところを利用するのもポイントを貯めたり使ったりができるので便利です。

しかし「格安サイトが常にどのプランでも安い」というわけではありません。

各サイトのいろいろなプランの価格(ホテル代・食事の有無など)を一括で比較できるサイトなどを利用すると、一覧形式で比較検討ができるのでおすすめ!

狙い目は「期間限定」や「室数限定」などのキャンペーン中のプランです。

  • 価格自体が下げてある
  • 同じ価格でもそこに「駐車料金無料券」や「レストラン利用券」が付いている
  • 「部屋のアップグレードサービス」がついている

など、お得感がUP!初回利用の際にすぐに使えるポイントをもらえるサイトもありますので、自分がいつも利用しているサイトともよく検討してみてくださいね!

添い寝利用がお得!

子供連れにとって重要なポイントは、「添い寝利用ができるかどうか?」ではないでしょうか。

子供料金がかからずに、大人料金のみで泊まれるのはとってもありがたいですよね!添い寝利用について詳細が分かりにくい場合は、ホテルに直接問い合わせてみましょう。

未就学児のみ添い寝利用可のホテルもありますが、小学6年生までの添い寝利用に対応しているホテルも多いので、これを使わない手はないです!(狭いのは我慢しないといけませんが(笑))

素泊まりか?朝食付きか?

ホテル代を一番抑えることができるのは、「食事なしの素泊まり」プランですが、当日の行動パターンを考えてから選びましょう。

素泊まりにして、朝食はパンなどを買っておいて済ませたり、パークのレストランで食べたり、パークで食べ歩きしたり。

…など、いろいろな方法がありますが、パークで過ごす時間ってとても長いし、何より物価が高い!(笑)ちょっとしたものを人数分買っただけでも、あっという間に数千円がお財布から飛んでいきます。

そう考えると、朝食をホテルできちんと食べておけば、お昼はアトラクションに並びながら簡単に済ませることもできるので、案外お得かもしれませんよ。

ただし、朝食付きプランでも、添い寝利用の場合は大人の人数分しか朝食はつきませんので、前もってホテルに子供の朝食料金を問い合わせておきましょう。

子供の朝食料金もホテルによって異なりますので、それもプラスした価格でホテルの検討をすることをおすすめします。

いかがでしょうか?

本当はお金のことなんて気にしたくないけれど、気にしないではいられない子育て中のパパやママたちにとっても、ディズニーランドが「夢の国」になりますように…!

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ