- ストレスフリーでトイレトレーニング!最適な時期は? | MARCH(マーチ)

ストレスフリーでトイレトレーニング!最適な時期は?

2014/10/29

shutterstock_63812587

「うちの子、オムツ取れたよ~。」と、我が子とほとんど月齢の変わらないを持つママ友が話しているのを聞くと、急に焦り始めてきてしまうのが世のママたち…。

赤ちゃんの成長のスピードはその子それぞれなので、親と言えども見守っていくことしかできないことの方が多いです。

しかし卒乳やトイレトレーニングなどは、やり方次第では赤ちゃんができるようになる時期が早くなったり遅くなったりするものなので、ママとしては余計悩む部分でもあります。

そしてなぜか、赤ちゃんができるようになるタイミングが「早ければ早いほど」母親としての評価が上がるかのような錯覚に陥りがちです。

それは多分、「子育て」が、子供と一緒に長い階段を一段一段のぼって行くようなものだからなのかもしれませんね。

そのため、他の子が我が子よりも早く先に進んでいることに焦りを感じたり、自分よりも先に母親としてステップアップしていくように見えるママ友に、置いていかれてしまうように感じてしまうのでしょう。

でも早くできるようにならなくても大丈夫!ママも赤ちゃんもストレスのないことが一番なんです!

トイレトレーニングを始める目安とは?

ひとり歩きができるようになると、動きも激しくなってきますので「オムツもそろそろパンツ型にしようか?」と考え始める頃ですね。

  • おっぱいを飲んだらすぐにおしっこが出ていた時と違い、だんだんおしっことおしっこの間隔も長くなってきます。
  • これは、膀胱が発達し、おしっこをためておけるようになってきたからです。そして一度に出る量も増えてきますので、赤ちゃん自身も何となく「おしっこ」の存在を感じ始めているでしょう。
おしっこをしたくなったら、何となくもぞもぞしていたり、遊んでいる最中も動きが止まったり、うんちの時は息を止めていたり…など、赤ちゃん自身の様子に少し変化が見られるようになってきます。

トイレトレーニングと言うと、出る前に教えてくれなきゃトイレに連れて行けないので、「何で出てからなのよ!!」「オムツでしてから言っても遅いじゃないの!」と言ってしまいがち。

しかし「おしっこが出た」「うんちが出た」と自分で分かることがトイレトレーニングの第一歩です。

あまり早い時期に始めると、体の成長が追いついていなかったり、コミュニケーションがまだうまく取れないこともあるので、かえって時間がかかり、結果的にイライラしてしまう時間が長くなってしまうことも…。

時には「待つ」ことも大事!

我が家の場合、2歳7か月差の兄弟なので、上の子のトイレトレーニングの時期がちょうど二人目妊娠中に重なりました。

「二人目が生まれてからはきっと無理!」だから「今やらなくちゃ!」という自分の事情や焦りもあったので、子供のトイレトレーニングの進み具合にも一喜一憂です。

つわりで横になりたい時でもせっせとトイレに連れて行っては、失敗ばかりの子供にイライラ…。自分の体調にも左右され、ストレスはたまっていくばかりでした。

そのうち、子供も自分も「このままじゃかわいそう!」と思い、ある時から気負うことをやめました。

トイレトレーニングを一時中断し、「子供が自分から言って来た時はトイレに連れて行く。」「しばらく出てないから、試しにトイレに行ってみようか?」という程度に、気楽にしていくことにしたのです。

そうすると、オムツでうんちをしても、「またオムツでして…」ではなく、「オムツでしてくれてる間は楽でいいわ!」くらいに思えるようになり、気持ちがとっても楽になりました。

結果、トイレトレーニングの本格的な再開は第二子出産後になりましたが、再開してからは早い早い!!

子供の体の成長も十分、コミュニケーションもしっかりとれるようになっていた分、あっという間に完了し、夜のオムツも同時に取れてしまいました。

昼間のオムツが取れるのは遅めだった我が子も、夜のおねしょの心配はほぼゼロのまま今日に至ります。

ストレスフリーでトイレトレーニング!

トイレトレーニングは「ここの所うまく行っていたのに、またできなくなった。」という具合に、進んでは戻り、そして立ち止まり…を繰り返すもの。

  • 「なんでできなくなったの?」と子供にイライラするのではなく、「こんなものか。」と思えると、とても気が楽になりますよ!
  • あまり気負わず、ストレスが少ない状態でチャレンジした方が、親子で気持ちに余裕があるので案外うまく行ったりもして…。

実際、全然焦ることもなく、「そのうち取れるわ~。」と思っていた下の子の時は、「まだできなくたってドンマイドンマイ」、「失敗したってドンマイドンマイ」。

「上の子の時にあんなに苦労したのは一体なんだったんだろう?」と思うほど、気楽にやっているうちに、いつの間にかオムツが取れてしまいました。

肩の力を抜いて、ストレスフリーでトイレトレーニングをできるといいですね!

みんなのコメント
あなたの一言もどうぞ